2017年 07月 21日 ( 3 )

函館の夜景

ほろ酔いで元町へ移動、歩いて行けない距離ではないが、蒸し暑く歩くと汗でびっちょりになりそうなのでタクシーで移動!初乗り550円で到着。異人館街を散策、まずは「聖ヨハネ協会」、だいぶ陽が落ちてきたので、ゆっくり見る時間はあまりなく、とりあえず外観写真を撮る。
a0268377_21370006.jpg
その横にはこんな坂がある。実は18近くも代表的な坂があり、映画の撮影スポットにもなっているところがたくさんあるそうだ。このチャチャ登りは、かなりの急坂である。なぜチャチャ登りというか調べたら、チャチャはおじいさんという意味だそうだ。誰もが急坂をおじいさんのように腰を曲げて登るから、そう呼ぶようになったそうです。
a0268377_21365996.jpg
ヨハネ教会のすぐそばにはハリスト教会があります。異人館街だけあって教会が多いです。いや~だいぶ暗くなってきました。
a0268377_21365942.jpg
そして、日本の坂1位に輝く「八幡坂」!海に浮かぶ「摩周丸」とのコラボが最高の坂!車がほとんど走ってないので、観光客が真ん中で撮影してました、私も一枚撮影!冬にスキーで滑ってみたいね~、歩道にはロードヒーティングの機械がありました。
a0268377_21365970.jpg
さて、ようやく本日のメインイベント世界三大夜景を堪能しに、ロープウェイで山頂までGO!酔っているのでテンションがあがります!しかし、駐車場には観光バスが10台以上止まっている・・・嫌な予感がする。そう、中に入り切符を買う自販機の周りは台湾人であふれている。乗り場までの行列は9割外国の方!8割台湾、1割欧米と韓国というかんじ、日本人はほとんどなし!100人近く乗るゴンドラの中では中国語が飛び交っている。ここはどこ?本当に日本?
a0268377_21370012.jpg
そして山頂駅に到着し展望台にでて愕然とした。そこは外国人に占拠されてしまって、歩くスペースもない!25周年の記念日にロマンチックな夜を想像していたのが一瞬にして破壊され、むしろ笑いに変わってしまった。この写真を見た人は行く気がなくなってしまうのではと思うほどである。この展望台、最上部の場所にたどりつくまでに、何度あきらめようと思ったか。お土産屋で絵はがきでも買えばいいか!なんて頭の中を何度もよぎるほど、とてつもない状況である。なぜこの人たちはずっと居座るのか観察していると、夜景を数枚撮影し、その場でSNSにアップし、LINE電話で自国にいる家族と会話しながら動画撮影しているのである。したがって一人が同じ場所に居る時間が30分以上!これじゃすすまない。それでも根気でぎゅうぎゅうの場所ですきまをじわじわとすすむのである。そしてようやくはじではあるが撮影できる場所にはまった!
a0268377_21370042.jpg
それでも横の人がカメラを上げて撮影するので、なかなか難しい。しかし笑ってしまう、この光景!
a0268377_21370045.jpg
そして、カメラを頭の上高くにあげて、バリアングルモニターで撮影!それでも前の人の頭がかぶっている、それでもここまで撮れればいいか・・・と根負けしてしまうほどの外人パワーである。
a0268377_21370002.jpg
そして、恐ろしいのは帰りである。このあふれんばかりの人人人の中を逆流に向かって脱出をはかるのだから何が起こるかかわらない。カメラとかみさんを守りながら分刻みで増殖していくヒューマンたちを避けながら展望台を降り、お土産屋を抜け、一旦外へ出て休憩、展望台の外のほうがすいていて同じ夜景が見える!最初からこっちのほうが良かったじゃん!と・・・いっきに酔いが覚めてしまったのである。帰りもホテルまでタクシーで移動!700円くらいだったので函館はタクシーでの移動が楽ですね。


[PR]
by tombozukan | 2017-07-21 20:48 | 北海道 | Comments(0)

函館湾クルーズで海風にあたり、そろそろおなかがすいてきた!まだ明るいが飲むぞ~、地ビール!17時なのでお店はまだすいてます。
a0268377_21141405.jpg
この歴史ある赤レンガ倉庫の中にあるビヤホール、結婚式の2次会はサッポロビヤホールだったので、25周年は函館のビヤホールで祝杯!
a0268377_21141495.jpg
店の雰囲気は最高ですね!
a0268377_21141394.jpg
メインのビールはやはりサッポロ!家内はサッポロビールで、私は地元の地ビール「函館赤レンガビール」を最初の一杯に選んだ!
a0268377_21141467.jpg
赤レンガビールはエールタイプで甘口で飲みやすいとのこと。写真を撮っているうちに泡がなくなってしまった・・・そして料理は、道産ぎゅう~のサラダから!
a0268377_21141497.jpg
函館といえばイカですが、ホタテも有名!「帆立のガーリックバター炒め」
a0268377_21141375.jpg
うまそ~!そして一口食べたら、やば馬~、うますぎてもう一杯頼んでしまった・・・
a0268377_21141343.jpg
赤レンガを飲み干したら次はピルスナータイプの「函館開拓使ビール」!つまみは男爵イモと・・・長いので省略!いや~結構これだけでおなかいっぱいになりますね~外は台湾人の観光客であふれていて、ピーチクパーチクとうるさい。さすがにビヤホールは日本人しかいません。とても静かに食事を楽しめました。日没までまだ時間があるので、元町を散策することに!次回


[PR]
by tombozukan | 2017-07-21 17:00 | 北海道 | Comments(0)

函館 Blue moon

実は今年、銀婚式(25周年)の節目に北海道旅行を計画、いつもは実家のある旭川・美瑛・富良野ばかりだったが、中学の修学旅行以来の函館に決定。関東は梅雨明けで暑い、北海道といえば夏の避暑地のイメージがあるが、温暖化の昨今がらりと変わり、東京と変わらず暑地である。いつものJAL、767-300で函館に飛びます。行きの飛行機は金曜日とあって満席、家族連れが目立ちます。
a0268377_16221424.jpg
以前の鶴丸マークにすべて変わったJAL機、前の赤いのよりは鶴丸のほうがいいですね。
a0268377_16275094.jpg
そして、あっという間に函館に到着、空港からはバスで函館駅に移動です。レンタカーを借りるか悩んだのですが、明るいうちからお酒を飲みたかったので公共交通機関での移動にしました。函館は観光地が近いのと市電で安く移動できるため、面倒なレンタカーはやめたのです。リムジンバスで空港から函館駅まで20分ほどで到着。ちょうど15時に到着したので、まずホテルにチェックインし、荷物を軽くしてからお出かけです!この日の函館は気温32度くらいまで上がり、かなり蒸し暑い、この時期の函館としては珍しいそうです。
a0268377_16221344.jpg
やはり、まずはここですね、金森赤レンガ倉庫、今日の夕飯はビヤホールに決めてたので、まずは船で湾内のクルージングです。Bluemoonは1時間おきに出てますので、時間まで倉庫内のMILKISSIMOでローズマンゴーシャーベットを楽しみました。このシャーベットはバラの形にしてくれるので手間がかかり、出てくるまで時間がかかりました。それでも、このべたべたの気温にはアイスが一番ですね~
a0268377_16221359.jpg
30分ほどで函館湾内をクルージングできるので飲む前にのんびりと海風にあたります。実は、クルージングは明日の午前中に予定をしていたのですが、明日は一日雨の予報だったので、天気の良い今日に変更です。
a0268377_16221291.jpg
さて船内はこんな感じ。一番乗りだったので、まだ誰もいません。エアコンがきいていて気持ちがいいです。
a0268377_16221398.jpg
函館といえば、イカ!イカ釣り漁船です。
a0268377_17091209.jpg
函館山!今日の夜行きます!
a0268377_17091336.jpg
湾外には船が結構います。うっすらと山も見えますね~
a0268377_17091376.jpg
そして、なつかしの青函連絡船「摩周丸」が!20歳のときにバイクで旭川に帰省するときに乗船して依頼です。今は記念館として運用されております。
a0268377_17091290.jpg
高校の修学旅行で旭川から函館まで汽車で移動し、函館から青森まで青函連絡船で移動、青森から上野まで寝台列車で移動、上野から東京まで山の手線に乗り、東京から京都まで新幹線と、今思えばとんでもない距離の移動だったな~と、懐かしんでしまいました。
a0268377_16221460.jpg
明日行く五稜郭タワーがみえます。
a0268377_17091287.jpg
湾内をぐるっと、あっという間の30分のクルージングでした。
a0268377_16221318.jpg
次は、夜の函館旅情です!


[PR]
by tombozukan | 2017-07-21 16:00 | 北海道 | Comments(0)