佐野の食事処

天気はどんより曇り空、トンボ観察は今日はなし。十数年ぶりに佐野プレミアムアウトレットでアウトドア用のブーツを探しにお出かけ。トンボ観察のときにはく歩きやすいブーツがほしくて、KEENのアウトレットショップへ!前回KEENの原宿店に行ったときにモデルチェンジ前のは佐野にあると伺っていたのできたのだが、ほしかったブーツは、すでに売り切れ、残念、他のも見てみたのだが気に入ったのはサイズがなく、結局は買うことができなかった。アウトレットは安くでいいのだが、ほしいものは皆ほしいので、すぐ売り切れてしまいますね。やはり高くても本店で買うしかないのかな。さて、アウトレットを見たあとは近場のカフェへ。行きたかったこじゃれたカフェが休業だったので、食べログでヒットした店へ。「草木万里野 佐野店」写真を見てわかるとおり、入り口の扉が低い!頭を下げて入店するという、なんか変な感じの食事処である。
a0268377_21405704.jpg
店内はとても暗く、カップルにはよいと思うのだが夫婦での食事にはちょっと暗すぎるかな。石焼ご飯セットを注文たら、結構なボリューム!
a0268377_21410382.jpg
小食な小生にとってはヘビーな量である。普段トンボ観察のときはコンビにのおにぎり2個ですましているので、今日はかなり豪華ランチである。食後の飲み物は、お決まりのホット!
a0268377_21411008.jpg
コーヒーはまあまあおいしかった。外の花壇が華やかでこの時期の旬なアジサイが咲いていたので思わずスマホで撮影!
a0268377_21412533.jpg
手前の狸の置物になぜかコインが・・・
a0268377_21413593.jpg
花もたまには癒されますね、さて、これから梅雨本番という感じですね。次回のトンボ観察はどこへ行こうか、雨で週末の予定が流れると、狙っていたトンボを違う種とポイントへ変更しなければならないので、この時期はなかなかスケジューリングが難しいです。

[PR]
# by tombozukan | 2017-06-25 22:01 | 栃木 | Comments(0)

初夏の清流

梅雨が本格化する前にどうしても清流に行きたかった。朝からすがすがしい天気!この出かける前のわくわく感がたまりませんね~。久しぶりに高速で遠出です。現地に到着し、川での撮影はウェダー必須です。そしてカメラセット、三脚とイスを持って河原をポイントまで遡上!ウェダーをはいて流れに逆らって歩くのは結構つらいです・・・川の淵にはアオハダが群れてます。そして早朝から忙しく飛んでいるのはコヤマトンボ。

a0268377_00395645.jpg
実は、コヤマトンボのちゃんとした写真が16年間なかったのである。今日はこのトンボの飛翔撮影に没頭しました。そしてカワトンボの中では最大級の大きさのミヤマカワトンボのメス。雄は警戒心が強く近づけませんでした。

a0268377_00395623.jpg
なんだか、アブとにらめっこですね。
そして、清流といえばこのトンボ、アオハダです。
光り輝くこの翅を、どういうアングルで撮るか・・・このトンボも警戒心が強く、近づくと結構逃げられます。それでも気合でそっと近づき、川のなかでひざまずいて撮影します。もちろんウェダーなので問題ないです。

a0268377_00395605.jpg
しかし、こちらが思うような場所にはなかなか止まってくれません。昆虫撮影は本当に難しいですね~。

[PR]
# by tombozukan | 2017-06-23 22:39 | トンボ | Comments(0)

梅雨入りだが・・・

関東も梅雨入りしたのだが、今日は熱中症になりそうな天気です、そして1ヶ月ぶりのトンボ観察です。本当は渓流域に出かけたいのですが、時間がとれず近場です。前回行った池ですがトラフはすっかり姿を消し、かろうじてヨツボシがまだ1匹残っておりました。
a0268377_21285416.jpg
時々、しかけてくるショウジョウトンボと縄張り争いです。春のトンボと夏のトンボのバトルは不思議な感じがしました。北に行けばまだまだ夏まで見られます。さて、今日は去年の宿題として残っていたキイトトンボの雌の2型の撮影です。腹部が黄色の黄色型と黄緑色をした緑型の2つが存在します。ちょうどキイトトンボが出始めで綺麗な固体がたくさんいます。その中にひときわ大きめのキイトがいます。雌は雄より若干大きめですので目立ちます。早速緑型がいました。
a0268377_21285354.jpg
腹部が黄色にならず黄緑色をしています。この緑型を撮影していると雄が突然さらっていきました。そして交尾態に!
a0268377_21285377.jpg
キイトを撮影していると、でかいヤンマがヨシの間をぬうように飛んできます。アオヤンマです。飛翔撮影をがんばってみるのだが、ヨシの間をぬうようにして飛ぶので全く撮影できずです。チョウトンボもかなり出ていてにぎやかです。そして目の前に交尾態が止まったのであわてて撮影。チョウトンボは交尾している時間が短いので一瞬で決めないといけません。残念ながらこんなカットしか撮れませんでした。
a0268377_21285513.jpg
さて、ヨシのまわりを探索しキイトの黄色型を探しいるといました!でも雄かもしれないので、尾部を確認しながら撮影です。
a0268377_21285373.jpg
雌の尾部は太くなっているので比較的わかりやすいです。完全に黄色型ですね。これも撮影していると雄がやってきてさらわれてしまいました。ちなみに雄はかなりの数がいます。まだ未成熟の綺麗な固体もいます。
a0268377_21285371.jpg
この固体を撮影していると、足元につがいがやってきました。さっきの黄色型の雌のつがいです。
a0268377_21285451.jpg
産卵を始めたのですが、手前のヨシたちが邪魔して思うようなショットが撮れません。前回この深みはまってしまったので、これ以上近づくのは危険です。意外に深いのです。そして横ではクロイトが産卵をしていました。
a0268377_21285452.jpg
雌はオオイトと間違えそうなくらいそっくりです。これも思うようなショットが撮れません。トンボ撮影はなかなか難しいですね。だから面白のかもしれません。

[PR]
# by tombozukan | 2017-06-11 21:51 | トンボ | Comments(0)

にぎやかです!

今年のゴールデンウィークは天気が良かったと思う。そんなGWもほとんど仕事でなかなかトンボ観察に出られないでいた。しかし、ようやく最終日に近場の植生豊かな池に行けることになった。高速で渓流域にでも行きたかったが、渋滞が恐ろしく断念。今回はアオモンやアジア、クロイトあたりを撮影しようと車を走らせた。そして現地に到着し池面を覗くとアオモンが元気よく飛んでいる。岸を歩くと未熟個体が飛ぶ。池をぐるっと回っていると、中型のトンボが飛んでいる。えっ?もしかして、トラフ?うっそ~、この池にトラフがいるなんて、全く想定していなかった!一気にアドレナリンが噴出!イトトンボの撮影用に持ってきたマクロで連写。
a0268377_20110765.jpg
まだ若いですね、翅にくもの巣もなく綺麗です。トラフがいると知っていれば椅子を持ってきたのに・・・まあ池から駐車場までは近いのだが、なかなか望遠と椅子を取りに戻る気がしなかった。とにかく撮影チャンスを逃すまいと、100mmマクロでがんばる!
a0268377_20110784.jpg
結構、近くまできてくれるので、ここまでなんとかがんばれた!最新のデジカメならあっけなく綺麗に撮れるんでしょうね、そう思いながら7年前のカメラでがんばってます。トラフはこの固体しかいなく寂しかったです。時折ヨツボシトンボがバトルをしかけています。ヨツボシは今が全盛期なのか、とてもにぎやかです。
a0268377_20110785.jpg
縄張り意識が強く威嚇してきます。一瞬ホバリングをするので、その時を狙ってれ連写!でもピントがあった瞬間に逃げられるので何度も失敗、それでもめげずにチャンスを狙う。行動をよーーく観察していると、草木の先に止まる前に必ずホバリングするのがわかった。その瞬間を狙い、この一枚だけ撮れました。あとはピンボケのゴミの山です。
a0268377_20110745.jpg
たまたま真正面で撮れてしまった一枚、もう少しピントが合っていればよかったのだが、ちょこまか動く固体ではこれが精一杯でした。
時々、ヨツボシにバトルをしかけてくる大型のトンボがいました。
a0268377_20110720.jpg
ヨシの隙間から突然現れました、足元をちょろちょろと飛んでそしてヨシに逃げこむところを追っかけ連写で撮れた一枚、せわしなく飛んでいるのでなかなか難しいです。あっという間にシーズンが始まり、にぎやかになってきました。こうなると一気にトンボが出始めるので、次にどの種を撮りに行こうか悩みますね。次回は渓流のトンボを撮影しに行こう!

[PR]
# by tombozukan | 2017-05-07 20:32 | トンボ | Comments(0)

2017年トンボ撮影開幕!渓流域でムカシトンボ撮影・・・といきたいが、今年はなかなか忙しくトンボ撮影に行けないでいる。20年近く愛用した三脚の雲台がダメになり、年末に三脚を新調した。マクロ用三脚は持っているのだが、使い心地がいまいちなので、通常サイズのローアングル撮影も可能なものを購入。その三脚のフィールドでの使い心地のテストもかねて近所の池でアジアイトトンボを撮影した。

a0268377_13280875.jpg
すでに何度か産卵しているのか尾部の先端が土まみれです。雄も何頭かいたのですが、午前中は元気がよいのでなかなか止まってくれません。止まっても三脚を調整しているうちに別の場所へ逃げられてしまいます。おっかけっこをしているうちに根負けしてあきらめてしまいました。年ですね~
雌は比較的おとなしくしてくれるので、結局雌だけの写真になってしまいました。

a0268377_13280822.jpg
2匹ともすでに産卵をしている雌ですね~。昨年この池で初撮影できた虎柄は、残念ながら見ることができませんでした。今年のGWは好天に恵まれているので、いてもおかしくないのですが、出が遅いのか、それとも昨年いたのが偶然なのか・・・全くわからないものです。

[PR]
# by tombozukan | 2017-05-05 13:36 | トンボ | Comments(0)