人気ブログランキング | 話題のタグを見る

黄色いトンボ

まだ梅雨入りしない関東地方。曇天だが薄日が差したりしているので気になるトンボを撮影しに出発!
黄色いトンボ_a0268377_18075593.jpg
現地に着くとオオシオカラ天国である。
黄色いトンボ_a0268377_22401565.jpg

オオシオカラの交尾を始めて撮影したかも、近づいても珍しく逃げないのでゆっくり撮影ができた。そして雌が産卵をしていたのでちょっとカメラテストをしてみた。まず最初はISO200で撮りたかったので、シャッタースピード1/160 ISO200 F5.6 で撮影。
黄色いトンボ_a0268377_18133335.jpg
シャッタースピードが遅いので翅はもちろん、腹部先端までボケてしまった。次はシャッタースピード1/1250 F5.6 でISOをオートにして、カメラがISOをどこまで上げるのか注目してみた。
黄色いトンボ_a0268377_18153902.jpg
まず身体全体がブレずに撮影できているが、まだ翅はボケボケですね。ISOはカメラが1600にしてました。前の写真の200と比べると少し粗くなりましたが、ブログに載せている写真ではわかりません。さて最後にシャッタースピードを1/4000までアップ!
黄色いトンボ_a0268377_18175959.jpg
やっと翅が静止状態で写りましたが、完全静止状態にするにはあともう少しあげないとダメでしたね。ホバリング中の翅を静止状態で撮影するには1/4000以上にしないとダメというのがわかりました。ちなみにISOは5000になってました。F値4.5のレンズではISOの低い状態での翅の静止状態の撮影をするには厳しいですね。もっと明るいレンズでないと・・・今度はF2.8のマクロレンズで遊んでみたいと思います(次回)。

さて今回のターゲットはというと、久しぶりのキイロサナエ。オオシオカラのテリトリーに侵入すると、すぐにやられてしまい木上に逃げてしまいます。下の方ではオオシオカラの勢力が強すぎです。
黄色いトンボ_a0268377_18223207.jpg
こんなんじゃ、まともな写真が撮れずフラストレーションがたまります。しばらくすると降りてくると思うので待ちます。すると10分もたたないうちに降りてきました。今回はオオシオカラに邪魔されず草に着地。
黄色いトンボ_a0268377_18251923.jpg
個体数は少ないですが、細々と生息してくれていてよかった。完璧な晴天の日にもう一度観察に来てみたいですね。


# by tombozukan | 2021-06-13 18:28 | トンボ | Comments(2)

今までの苦労は・・・

晴れの日を狙って休みを入れた。朝から超快晴!しかし午後から曇りなので午前中勝負。今日は今までいい写真が撮れていないムカシヤンマを撮影しに行きます。最初の現場へは9時ころ到着。平日でも朝は渋滞しているので予定より少し遅れた。まあそれでも9時に到着したのでゆっくり観察できる。ときおり大型のトンボが飛んでくる。もしや早速ムカシヤンマが現れたか、と思うがすーっといなくなってしまった。これは幸先良さそうだ。そして川岸を散策するが大型のトンボがいない。あれれさっきは飛んでいたのに、すぐに見つかるだろうと思ったが全くその姿はなし。ミヤマカワトンボとカワトンボがちょろちょろしているがシャッターを押す気にならない。なにせ今日はムカシヤンマにかけている。川の上流域の湿地ではシオカラとシオヤとオオシオカラの未熟がいた。シオカラトンボ属がそろって3種同じ場所にいるとは。
今までの苦労は・・・_a0268377_21234551.jpg
シオカラの向かいにシオヤトンボ。
今までの苦労は・・・_a0268377_21235122.jpg
オオシオカラの未熟は木の高い所に行ってしまったので撮影できず。そして川のほうへもどり探索開始。まだ時間的に早いかな~とぶつぶつ独り言をいいながら、空から地面に何か降りてきて止まった。そっと近づき遠目から撮影し確認するとヤマサナエだった。
今までの苦労は・・・_a0268377_21345280.jpg
そしてついに大型のトンボが上空から降りてきた。今度こそムカシヤンマに違いない。息をひそめてそっと近づき撮影。そして撮影したトンボを拡大してみてみるとコオニヤンマだった。がっくし・・・コオニもいるのか。
今までの苦労は・・・_a0268377_21373121.jpg
雰囲気がムカシヤンマにそっくりだが、コオニのほうがでかい。しばらくこの2種がいたところで待つ。目の前にカワトンボがきたので撮影。
今までの苦労は・・・_a0268377_21344101.jpg
アサヒナの無色透明型のやや老熟ぎみ。ウグイスの鳴き声がとても気持ちいいのだが、ムカシヤンマの気配を感じない。こうなると次の目的地へ移動することを決意。外はだんだん暑くなってきた。今日は30度を超える予想!なるべく早めに見つけて撮影し早めに帰宅したい。そしてすぐに次の目的地に到着。風もなく太陽の照りつける暑さがじりじりと襲う。首にまいているタオルはびっしょり。歩き始めてムカシヤンマが好きそうな木の柵が続く。その柵に止まっていないかゆっくり歩きながら確認すると、いた!ムカシヤンマが止まっている。そっと近づき撮影。やっと念願のムカシヤンマの写真が撮れた。
今までの苦労は・・・_a0268377_21485989.jpg
こんなに簡単に見つかると、今までの苦労はなんだったのかと思ってしまう。そして背面のほうを撮影したく木の柵をまたぐ。
今までの苦労は・・・_a0268377_21490815.jpg
もう少し真上からの写真をと思い身体をよじると、飛んでいってしまった。確認すると雌ですね。いきなり雌を撮影できた。奥に向かって歩くともう1匹止まっている。
今までの苦労は・・・_a0268377_21513544.jpg
これは雄か、雄雌同時に撮影できるなんてついている。
今までの苦労は・・・_a0268377_21520557.jpg
顔面ドアップを撮ろうとマクロレンズにチェンジしていると、いなくなっていた。あらま残念。しばらく降りてこないので、別のトンボを撮影。
今までの苦労は・・・_a0268377_21532566.jpg
久しぶりのハラビロです。雄もいっぱいいたのだがすばしっこいので雌しか撮影しなかった。ハラビロを撮っているとガサガサという音がして小さな水たまりに大型のトンボがいる。何かの雌だ。草が邪魔だがすきまからなんとか撮影。クロスジギンヤンマの雌が産卵をしていた。
今までの苦労は・・・_a0268377_21552253.jpg
複眼が青いので雄かと思ったが産卵しているので雌でした。足場が悪く、これが限界。それにしてもなかなか良い場所だがイトトンボの姿がないのが気になった。今日は念願かなってムカシヤンマの撮影ができてホッとした。しかし明日からまた仕事だが、来週から梅雨入りしそうな天気予報。次のトンボ撮影はしばらく先になりそうだ。とほほ・・・
今までの苦労は・・・_a0268377_21594987.jpg



# by tombozukan | 2021-06-08 22:00 | トンボ | Comments(2)

池はにぎやか!

朝から快晴!今日は自転車で近所の池巡りです。
池はにぎやか!_a0268377_19551669.jpg
池では子供たちが釣りを楽しんでいます。水面を覗くとクロイトの交尾がたくさんいますね。
池はにぎやか!_a0268377_19592725.jpg
同じようなところに産卵するから殺到しますね。ここのところ池では水草がほとんど刈り取られ一部分しかありません。したがってイトトンボは密になります。イトトンボを見ていると大きなトンボが横切ります。いよいよでてきました。池の王者ですね。
池はにぎやか!_a0268377_20013408.jpg
身体が大きく悠々と飛んでいるので貫禄があります。オオヤマトンボが出てくると池もにぎやかになってきます。そして木々の間ではコシアキの未熟と池面では成熟した個体がバトルを繰り広げています。
池はにぎやか!_a0268377_20030518.jpg
コシアキのバトルをじっと見ているのはコフキトンボです。
池はにぎやか!_a0268377_20033618.jpg
オオヤマの飛翔撮影に没頭していると、なんか黄色味が強いのが飛んでいます。
池はにぎやか!_a0268377_20043695.jpg
ちょいとピンアマ、残念。オオヤマのまだ成熟したばかりの若い個体ですね。それにしても、どんどんトンボが出てきますので焦ってきます。たまには蝶の写真。
池はにぎやか!_a0268377_20080245.jpg
川の土手にたくさん群れてました。


# by tombozukan | 2021-05-30 20:08 | トンボ | Comments(0)

ピークは過ぎたが・・・

昨日の雨から一転、今日は晴れの予想。そうとわかれば、前回撮影できなかったムカシトンボとヒメクロサナエ狙いで渓流域に向かった。午前10時前に到着すると山間の空気は爽やかでとても気持ちがよい。渓流でトンボ撮影をするには食料やカメラ機材など、まとめて持って行きます。河原にベースを作っていると、いきなりムカシトンボが現れた。ちょっと待ってよ、まだカメラの準備ができていない。さらにサナエトンボも数頭、河原から木の上に飛んで行ってしまった。まあしょうがない、とりあえず準備をし撮影に取りかかる。座り心地のよさそうな石に腰をすえターゲットが現れるのを待つ。時折日が差しいい感じ。すると暗がりの所にサナエの雌が産卵している。もしやヒメクロサナエ?300でフル望遠撮影。
ピークは過ぎたが・・・_a0268377_21121723.jpg
暗くてこれが限界。ヒメクロの雌?画像を拡大してみると、黒条が2本あるように見える。ダビド?そうか、ダビドもいるんだよね、忘れてた。もっと近づこうとしたら木の上へ逃げてしまった。しばらく静寂が続く。そういえばムカシトンボもあれっきり出てこない。やはりピークは過ぎたので厳しいですね。もうこないかも・・・すると日が差し込むと木上からサナエがすっと降りてきて石に止まった。ちょっとでも体を動かすと逃げられるので、そーーとカメラを向け撮影。
ピークは過ぎたが・・・_a0268377_21122101.jpg
うーーん、やはりダビドサナエか、ヒメクロは前回、羽化個体は結構いたが成熟の姿は見たことがない。上流のほうへ行ってしまったか。難易度が高いサナエである。そうこうしているうちにお昼になってしまった。ベースに戻り、コンビニ飯を食べて休憩!ウグイスの鳴き声と川の流れの音しかしない。心が癒されますね。でもトンボ撮影のほうは全然ダメダメ、今日も空振りの予感がしてきた。次現れたらネットインしてやらせ撮影するしかないと思い、空から降りてくるのを待つ。すると陽が一気にそそいできた。これは来そうな予感!すると猛スピードでやってきた!早すぎる!しかし一点集中、セオリーどお尻のほうから一振りで決めた!なんと雌だった。捕獲したら撮影する場所はここしかないと決めていた場所へ移動。そして、そっと水がしたたるコケの岩に止める。
ピークは過ぎたが・・・_a0268377_21123347.jpg
三脚をセットし撮影!
ピークは過ぎたが・・・_a0268377_21122533.jpg
本当は、やらせではなく手を加えない自然のを撮影したかったが、仕方がなかった。そして顔面ドアップ!
ピークは過ぎたが・・・_a0268377_21122997.jpg
また来年頑張るしかない。ムカシトンボは今年最後の撮影となったがヒメクロサナエの撮影はどうするか悩みがつきないです。

# by tombozukan | 2021-05-28 21:40 | トンボ | Comments(2)

晴天は気持ちいいね!

梅雨入り間近の関東地方は曇天続きで、週刊天気予報で土曜日が晴れるはずだったが雨。そして日曜日は朝から快晴となった。新緑の晴れ間はとても気持ちがよい。時折吹く風も気持ちがいい。
晴天は気持ちいいね!_a0268377_19342491.jpg
木も青々としている。平地ではようやくアオヤンマやコフキトンボなど初夏のトンボが出てきた。そして今日近所の池をめぐるとコシアキトンボの未熟が木漏れ日のそそぐような木に囲まれた空間を飛んでいる。
晴天は気持ちいいね!_a0268377_19401778.jpg
まだ腰のあたりが黄色く成熟前の状態ですね。雄は空間を気持ちよさそうに飛んでいますが、雌は木に止まってじっとしていました。
晴天は気持ちいいね!_a0268377_19413871.jpg
さて池のほうを見てみると、クロイトトンボの天国です。交尾産卵個体がたくさんいますね。
晴天は気持ちいいね!_a0268377_19450063.jpg
クロイトトンボがかなり勢力を増やし、セスジイトトンボの数は少なかった。
晴天は気持ちいいね!_a0268377_19453841.jpg
なんだかクロイトの勢力に押され申し訳なさそうに産卵場所を探していた。いつものことだがトンボシーズンが始まったと思ったら春のトンボをろくに撮影できずに初夏のトンボが現れてしまう。なんだが焦ってきますね。これからは貴重な晴れ間と休みがうまくあうか祈るばかりです。


# by tombozukan | 2021-05-23 19:33 | トンボ | Comments(0)

トンボ観察など気ままなお出かけブログです!


by カフェトンボ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30