人気ブログランキング |

黄昏ヤンマ河原編!

暑い!35度は軽く越えている。まだ見ぬトンボにチャレンジするため目的地にむかう。未見種狙いはわくわく感と不安感がいりまじり、それが遠方になるとなおさらである。期待に胸をふくらませ道中ではあーでもないこーでもないと息子といろいろな話をする。息子も来年から中学生なのでいつまでトンボ観察につきあってくれるか・・・とそうこうしているうちに目的地に到着。ちょいと早めに到着したのでひょっとしたらと思いヒメサナエを探すが残念ながらいない。コオニヤンマとミヤマカワトンボがいる程度。

a0268377_13590325.jpg
ミヤマカワトンボはなぜか雌ばかり。
a0268377_13590313.jpg
そろそろ4時を過ぎてきたので目的のポイントに行く。一年ぶりのポイントにわくわく感がただよってくる。薄くらい川原なので日があたらないため、比較的すずしい。しばらく岩にすわって待つことに。座っていると機上からサナエが降りてきた!オジロだ!
a0268377_13590323.jpg
しばらくオジロと遊ぶ、そしてついに本命が来た!と思ったらコオニ雌の産卵である。今度こそ来た!オニヤンマの雄である。1時間くらいはこの連続。そして5時半をすぎたころ・・・おっ!今まで見たことのない飛翔体!ついに来た!念願のコシボソである。それにしても川の上をまっすぐとおりすぎていく。あれっ!ホバリングはしないヤンマだっけ?と思ったら、違うところでせわしなくちょこまか飛んでいる飛翔体を息子が見つけた。薄くらい中とんでいる黒い物体は見慣れないとなんだかわからない。飛び方はミルンそっくり。実はこちらがコシボソ雄である。そしてまっすぐ川の上を通り過ぎていく茶色い固体はどうも雌らしい。リュウギン以来のヤンマ新種である。
a0268377_13590343.jpg
わくわく感から達成感にかわりとても楽しい時間をすごせた。帰りに行きつけの場所によりマルタン・ネアカを見に行くとたくさん飛んでいた。昨年よりは今年のほうがちょいと数が多いような気がした。


by tombozukan | 2006-08-06 13:57 | トンボ | Comments(0)

トンボ観察など気ままなお出かけブログです!


by カフェトンボ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30