猛暑の普通種たち

早い梅雨明け後の猛暑の連日・・・撮影に出かける気力がなかなかわかない。北のほうへ遠出したいのだが、車が自由に使えず、近場にしか行くことができない。休日は家族全員での車の取り合いなのだ。結局親父が真っ先に妥協するしかないのである。とほほ・・・まあ愚痴はこれくらいにしておいて、自転車で近所の池へ行ってみた。しかも気温39度もある中で。日曜日はいつも釣り人で混みあう池もガラガラである。家族連れもゼロ!熱中症の危険があるので控えているのですね。さてトンボはというと、ごくごく普通種たちはいつもどおりにいます。こうも暑いと止まっているトンボが多いです。
a0268377_17460387.jpg
シオカラトンボは、もともと止まっているほうが多いトンボです。雌は池から離れた草地にいます。都心の水辺でも飛んでいる、コシアキトンボ。
a0268377_17460398.jpg
そして、けつを持ち上げているショウジョウトンボ。
a0268377_17460200.jpg
全身真っ赤でアカトンボと思われがちですが、学術的にはアカトンボ属に属さない赤いトンボです。そしてここから大きいトンボです。
a0268377_17460273.jpg
オオヤマトンボ!オニヤンマに間違えられますが、ヤマトンボ科のトンボです。池で見ると、ギンヤンマよりでかいので確かにオニヤンマと思いがちですね。オニヤンマは丘陵地から山のほうに生息していて、オオヤマトンボは丘陵地から平地にかけての水辺に多く見られます。丘陵地では両方見られるので間違えることがしばしばあります。
a0268377_17460292.jpg
棒先によく止まっているウチワヤンマ!かなり無理がある体制ですね。相当な腕力が必要と思われますが、トンボは1グラムから2グラム程度しかないので、まあ大丈夫か。ウチワヤンマといいますが、ヤンマ科ではなくサナエトンボ科のトンボです。それではまだまだ猛暑が続きますが熱中症に気をつけましょう。小生、この撮影で熱中症になり、家に帰って速攻水をガブ飲みし、水のシャワーを浴び、クーラーの部屋で寝込んでしまいました。結構やばかった・・・

[PR]
by tombozukan | 2018-07-22 18:00 | トンボ | Comments(0)

トンボ観察など気ままなお出かけブログです!


by カフェトンボ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31