人気ブログランキング |

セスジとムスジ!

もうじき平地の池では、セスジとムスジが羽化を始めるのではないかな。この2種は比較的同じような環境に生息しているため、混在していると肉眼で見分けるのに一苦労する。私は老眼なのでデジカメで撮影して画像を拡大して確認するしかない(汗)。とりあえず簡単な見分け方を作りました。
セスジとムスジ!_a0268377_22280886.jpg
体色はほぼ一緒、たまにセスジに緑がかった個体が存在する。成熟するまでの過程なのかな。まあこの小さな個体が池面をちょろちょろと飛びまわっていると同じに見える。見分ける場所はというと、複眼の上部にある眼後紋の大きさが違う。セスジは大きくムスジは小さい。それから肩の黒条の中に、セスジは一本の筋が入るのだが、ムスジは小さい、もしくは消失する個体もある。小生のアジトのそばの池には昔たくさんいたのだが、今は池の水草が全部刈り取られ絶滅してしまった。ベニイトもいたのだが、絶滅。いるのはアジアとクロイトだけ。同じ水生の植物に産卵するのだが、アジアとクロイトだけが生き残るのは何が原因なんだろう。まだまだわからないことがたくさんある。

Commented by ex-h15 at 2020-05-04 01:03
ムスジイトトンボ。見てみたいと思っても当県には居ないようです
反対にこちらではよく見かけるのが、他の地域では見られない。環境差があるので当然ですよね
セスジはワンシーズンだけ数頭確認できました。同じ場所でオオセスジも大量確認できましたが、翌年は激減。セスイジは見当たらず
別な場所ですが、カラカネが足の踏み場もないくらい発生したのに、翌年は数頭のみ確認
アジアとクロイトは、安定して見られます
あしかけ4年ほどの観測ですが、ホント、不思議が多いと言うか混乱させられます
Commented by tombozukan at 2020-05-04 10:03
ムスジは参考資料を見ると宮城県以南に生息となってますので、宮城県以北はいないみたいです。小生の住む近所の池には以前、たくさんいたのですが、今はほとんど見られません。温暖化でたくさんいてもよいと思うのですが不思議です。そちらのオオセスジは心配ですね、埼玉の唯一のフィールドは絶滅してしまいました。人工の遊水地みたいなところだったので水生植物がすべて刈り取られた結果、絶滅となりました。非常に悲しいです。トンボの観察を始めて結構たちますが、まだまだ不思議なことが多く勉強させらます。
by tombozukan | 2020-04-28 22:41 | トンボ | Comments(2)

トンボ観察など気ままなお出かけブログです!


by カフェトンボ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31