人気ブログランキング | 話題のタグを見る

本命空振り・・・

渓流方面にムカシトンボを撮影しに出かけた。ムカシトンボは2004年に初観察をし、その後なんどかチャレンジしたが全く観察できていませんでした。もし今日撮影できたら17年ぶりということになる。晴れ曇りの天気で障害物のない平地では風が強いが、山間では少し落ち着くかなと思い下道でのんびりと移動。移動中はムカシトンボの撮影している光景を妄想しながら車を走らすのである。しかしGWということもあり車は多い。それでも時間通りに目的地に到着。今回初めての観察地ということでワクワクしている。河原ではカワトンボの金緑色の身体に太陽光線があたりキラキラと輝き美しい。ウグイスの鳴き声も心地よい。
本命空振り・・・_a0268377_21315361.jpg
この地では無色透明型しかいませんでした。そして渓流を探索すると高速で飛ぶ黒い物体が・・・おーーっ!17年ぶりに見るムカシトンボだ!早速カメラで飛翔撮影をしようと試みるが早すぎてシャッターが押せない。2・3往復するとどこかへ消えてしまう。こんなことを繰り返していて全く撮影ができない。悪戦苦闘しているとサナエトンボが上空から舞い降りてきた。近づいて何のサナエか確認しようとするが、警戒心が強くすぐに高い場所へ移動してしまう。この時期だとダビドかクロサナエかな・・・と思いムカシトンボはあきらめサナエトンボの撮影に切り替える。すると岩から未熟個体が飛び立つのを発見。近づいて撮影しカメラで確認すると、なんとヒメクロサナエではないか。想定外のトンボにびっくりである。ヒメクロサナエは未熟個体の撮影しかなく、さきほどから何頭か成熟している個体がいたので木上から降りてくるのをひたすら待つ!
本命空振り・・・_a0268377_21315301.jpg
そして何度か地面に降りてきたのだが、本当に警戒心が強く、全く撮影できず。草むらのほうを探索するとなんかいる。近づいても逃げない。よし!と思いよくよく見ると羽化に失敗した個体であった。翅が折れ曲がっている。ヒメクロの雄かな・・・
本命空振り・・・_a0268377_21315383.jpg
今までヒメクロサナエはなかなか出会うことが難しく敬遠していたが、今回はムカシトンボ目的の観察で思わぬ副産物に巡りあえてびっくりです。しかし、ムカシトンボもヒメクロサナエも遅くまで粘ったが個体数が少なく待ち時間のほうが多く根負け。もう一度チャンスがあればリベンジしたいと思った。なんだか非常に悔しい一日だった。

by tombozukan | 2021-05-03 22:01 | トンボ | Comments(0)

トンボ観察など気ままなお出かけブログです!


by カフェトンボ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30