人気ブログランキング | 話題のタグを見る

夕暮れの河川

夕方になってもまだ外は明るいので河川のトンボでも見てみようと出かけた。河川に注いでいる用水路にはハグロトンボがわんさかいます。
夕暮れの河川_a0268377_15513920.jpg
近づくと数十頭のハグロトンボが飛び立ちます。黒い翅のハグロトンボが集団でいると、ちょっと怖いですね。夕暮れのうす暗い用水路なのでなおさらです。その用水路の脇の砂利道にはシオカラトンボがたくさんいます。雌がちょろちょろしているので止まったところを撮影しました。
夕暮れの河川_a0268377_15513993.jpg
そして河川のそばの林に行くと、木々の空間でコシアキトンボがせわしなく摂食飛翔をしています。その中をオオヤマトンボらしき大型のトンボが横切っていきます。シオカラトンボも下草をちょろちょろと飛んでいて、たまにコシアキとバトルをします。そんな中、ちょっと変わった中型のトンボが飛んできました。木の垂れ下がっている葉に止まり、シオカラはこんな止まり方はしないのでひょっとしてナゴヤ?と思い、そっと近づき遠目から300mm全開で撮影すると、予想的中!ナゴヤサナエだった!
夕暮れの河川_a0268377_15514047.jpg
今まで、このサナエを撮影するために高速道路で遠出をして空振り三昧。以前、子供が友達と釣りに行ったとき護岸でナゴヤサナエの羽化柄を見つけたことがあったので、どこかにいるのではと思っていたが、なんせ広すぎるので探索する気力もなかった。したがって情報を集め、撮影確率の高いところへ出向いていただが、撮影どころか成虫を発見することすらできなかった。それがこんな形であっけなく出会えるとは想像すらしていなかったので、とても嬉しく感じました。そしてこの1匹を違う角度から撮影。
夕暮れの河川_a0268377_15514031.jpg
この日は風が少しあり、葉先はただでさえ揺れるのにトンボが止まるとよけいに上下に揺れる。そうなると撮影は極めて困難な状況になってしまう。しかも照度も落ちてきてISOをあげないといけない。それでも証拠写真程度に取れればと思い、ISOをオートにして撮影。しばらくこの子と遊んでいたが私がひつこいので木上に逃げてしまいました。また明日、夕方時間がとれれば来てみようかな!

by tombozukan | 2021-07-22 15:50 | トンボ | Comments(0)

トンボ観察など気ままなお出かけブログです!


by カフェトンボ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30