人気ブログランキング | 話題のタグを見る

梅雨入り前の曇天

今年はもう梅雨入りしそうな雰囲気です。午前中しか時間が撮れなかったので近所の池めぐりです。池のまわりには綺麗な花が咲いていて思わず撮っちゃいますね。
梅雨入り前の曇天_a0268377_15442956.jpg
近場の植生豊かな池ですが、イトトンボは未熟だらけでまだ成熟がいませんでした。
梅雨入り前の曇天_a0268377_15473710.jpg
未熟のイトトンボを撮影していると、いきなりでかいトンボが横切った!アオヤンマだ!上空を見ると2頭ほど飛んでいる。いきなりアオヤンマとは心の準備ができていなかった。あわててカメラを飛翔モードに切り替えて、ヨシの間をちょこまかと飛ぶアオヤンを連写するが、全然ダメダメ。相変わらず進歩なし。午前中は探雌というよりは餌を求めて飛んでいる感じですね。そして餌をゲットすると食事場所を探している。どこに止まって食べようか、ゆっくり私の周りを飛んでいる。じっと待っていると止まった!そっとカメラを向けて撮影!
梅雨入り前の曇天_a0268377_15512530.jpg
しかし貧乏草に隠れてしまって全身が撮れない(泣)、全身が撮れるようゆっくり移動していると、こちらの動きを察知し逃げられてしまった。まあよく見ると雰囲気がでていてまあいいか、という写真です。そして近所の池に戻ってきて、前回ムスジっぽい個体がいたので、もう一度探索です。風も出てきて池面にはイトトンボの姿はなく草むらのほうに数頭いた。青いのがいると、もしや・・・と思い撮影するが、どれもセスジ。残念ながらムスジはいなかった。
梅雨入り前の曇天_a0268377_15560946.jpg
雌も何頭かいました。
梅雨入り前の曇天_a0268377_15561533.jpg
そして中型のトンボが飛んでいる。止まったところを撮影!コフキトンボですね。
梅雨入り前の曇天_a0268377_15575249.jpg
手持ち300mm全開だとボケちゃいますね。風で被写体が揺れるのでSONYの手振れ補正機能でも厳しい。なんせ近づくと警戒心が強くすぐに逃げてしまう。まだ若いからかな~。これからトンボのいい時期ですが、休みと天気が合致するかどうか。合致しないと一気に真夏のトンボへシフトしてしまいます。トンボはこっちの都合に合わせてくれませんね。気が付くと春のトンボの撮影ができないで終わってしまいます。
梅雨入り前の曇天_a0268377_16040721.jpg



# by tombozukan | 2021-05-15 16:04 | トンボ | Comments(0)

平地の池の状況

近所の池の状況を確認しに、健康のため自転車で見回りです!最近、この辺の池は水草が刈り取られイトトンボの姿は激減してしまいました。一つ目の池は以前、ベニイトトンボやマイコアカネ、オオアオイトトンボなどが生息し、春先にはトラフも飛んでいるとてもよい環境でしたが、水草が全部刈り取られて以降全くその姿はなくなりました。オオアオイトは木に卵を産むので関係ないかと思ったのですが、オオアオイトも絶滅したもよう・・・ひどいもんです。一つ目の池に到着すると土曜日とあって釣り人が数名、池を見渡すがトンボの姿はなし。やっぱりという感じです。以前はこの時期、水草の上をクロイトやセスジが飛び回り、草むらにはアジアがいたのですが、ゼロです。

そして2つ目の池に行く。こちらも水草は刈り取られ、池の周囲にロープが張られ立ち入り禁止!釣りも禁止と看板があちこちに建てられている。したがって休日にはいつもはたくさんいる釣り人はゼロ。この池で釣り人が一人もいないのは初めて見た。ここも全滅かと思いながら池をぐるっと周っていると一部、ガガブタが残されているところがある。近づいてみてみるとイトトンボがいる。ロープが張られていて近づけないので、300mmめいっぱいでの撮影。
平地の池の状況_a0268377_21255246.jpg
曇天の下で輝くブルーの個体、セスジイトトンボ!背中の黒条の中の青い筋が見当たらないのでムスジイトかと思い焦ってしまった。実は、トンボ観察を始めた20年前にはムスジとセスジの天国だった。しかし数年後ムスジの姿はなくなってしまった。なので一瞬ムスジかと思い焦ったのだが、どうもセスジのようだ。
平地の池の状況_a0268377_21255241.jpg
この雌を見ると、埼玉では絶滅してしまったオオセスジイトトンボを思い出します。
平地の池の状況_a0268377_21255155.jpg
つがいが出てきました!イトトンボのこの姿は好きですね~
平地の池の状況_a0268377_21255116.jpg
クロイトもだいぶ成熟してきて粉がふいてます。イトトンボを撮影していると中型のトンボが横切っていった。撮影はできなかったが、おそらくシオカラトンボではないかと思われる。この時期は平地のトンボはまだまだという感じ。渓流域のトンボがにぎやかで、また時間を作って渓流域に行きたいですね。先日のヒメクロのリベンジをしたくうずうずしております。



# by tombozukan | 2021-05-08 21:42 | トンボ | Comments(2)

本命空振り・・・

渓流方面にムカシトンボを撮影しに出かけた。ムカシトンボは2004年に初観察をし、その後なんどかチャレンジしたが全く観察できていませんでした。もし今日撮影できたら17年ぶりということになる。晴れ曇りの天気で障害物のない平地では風が強いが、山間では少し落ち着くかなと思い下道でのんびりと移動。移動中はムカシトンボの撮影している光景を妄想しながら車を走らすのである。しかしGWということもあり車は多い。それでも時間通りに目的地に到着。今回初めての観察地ということでワクワクしている。河原ではカワトンボの金緑色の身体に太陽光線があたりキラキラと輝き美しい。ウグイスの鳴き声も心地よい。
本命空振り・・・_a0268377_21315361.jpg
この地では無色透明型しかいませんでした。そして渓流を探索すると高速で飛ぶ黒い物体が・・・おーーっ!17年ぶりに見るムカシトンボだ!早速カメラで飛翔撮影をしようと試みるが早すぎてシャッターが押せない。2・3往復するとどこかへ消えてしまう。こんなことを繰り返していて全く撮影ができない。悪戦苦闘しているとサナエトンボが上空から舞い降りてきた。近づいて何のサナエか確認しようとするが、警戒心が強くすぐに高い場所へ移動してしまう。この時期だとダビドかクロサナエかな・・・と思いムカシトンボはあきらめサナエトンボの撮影に切り替える。すると岩から未熟個体が飛び立つのを発見。近づいて撮影しカメラで確認すると、なんとヒメクロサナエではないか。想定外のトンボにびっくりである。ヒメクロサナエは未熟個体の撮影しかなく、さきほどから何頭か成熟している個体がいたので木上から降りてくるのをひたすら待つ!
本命空振り・・・_a0268377_21315301.jpg
そして何度か地面に降りてきたのだが、本当に警戒心が強く、全く撮影できず。草むらのほうを探索するとなんかいる。近づいても逃げない。よし!と思いよくよく見ると羽化に失敗した個体であった。翅が折れ曲がっている。ヒメクロの雄かな・・・
本命空振り・・・_a0268377_21315383.jpg
今までヒメクロサナエはなかなか出会うことが難しく敬遠していたが、今回はムカシトンボ目的の観察で思わぬ副産物に巡りあえてびっくりです。しかし、ムカシトンボもヒメクロサナエも遅くまで粘ったが個体数が少なく待ち時間のほうが多く根負け。もう一度チャンスがあればリベンジしたいと思った。なんだか非常に悔しい一日だった。

# by tombozukan | 2021-05-03 22:01 | トンボ | Comments(0)

平地の池

今年、最初のトンボ観察です。藤の花が満開ですね。今日は27度近く気温があがり暑い!
平地の池_a0268377_15364136.jpg
あまり時間がなかったので近場のビオトープですが、中型のトンボがいるか確認するがその姿は全くなくイトトンボばかりですね。それでもまだ羽化したばかりの個体が多くまだこれからという感じです。アジアイトトンボ雌の未熟。
平地の池_a0268377_15364170.jpg
雄の成熟。
平地の池_a0268377_15364234.jpg
クロイト雌の粉が吹く前の個体。
平地の池_a0268377_15364269.jpg
今日は風が強く、マクロ撮影泣かせ・・・しかも手持ち!中型クラスのトンボが出てくるのはGWあたりでしょうか。今年でトンボ観察20周年を迎えた小生ですが、20周年を記念して何か企みますか。。。




# by tombozukan | 2021-04-21 15:49 | トンボ | Comments(0)

浮野の里

なんと、今年の初投稿!仕事が忙しすぎてあっという間に月日が過ぎていく。いつの間にか春がきてトンボの羽化情報もUPされてきており、わくわくする季節がやってきた。昨年は新型コロナで一年中ほぼ自粛であまりトンボ観察に出かけられなかった。しかし1年がたち、コロナは終息する気配はないが、コロナとどう向き合っていくか、生活様式がだいぶ変わり2年目に突入した。今年はコロナ対策をしっかりしながら少し観察日数を増やそうと思う。平地の湿地でそろそろイトトンボでも出ていないか、満開のノウルシも見たいので、加須市の浮野の里に行ってみた。
浮野の里_a0268377_19001370.jpg
ここはノウルシという埼玉県では絶滅危惧種に指定されている植物が群生している。ちょうど黄色い花が咲き見ごろとなっていた。クヌギの並木があり、夏はクワガタがいそうな感じ。
浮野の里_a0268377_19103806.jpg
湿地なので木道が整備されている。
浮野の里_a0268377_19115299.jpg
写真の奥にノウルシが見える。
浮野の里_a0268377_19120485.jpg
一面、黄色い花の絨毯である。
浮野の里_a0268377_19133593.jpg
スマホのボケエフェクトで撮影!
浮野の里_a0268377_19322049.jpg
水の郷百選に選ばれています。
浮野の里_a0268377_19154968.jpg
水はとても綺麗で、覗くとエビや小さい魚が泳いでいるのが見えます。6月中旬にはハナショウブが見ごろになります。さて、ところどころの水面をチェックするがイトトンボの姿はなし。結構いそうな雰囲気だが、もう少し暖かくなったら、どんな種がいるのか観察にきたほうがよさそうですね。今日は天気がよく、時折吹く風が冷たくて気持ちの良い日です。土曜日ですがあまり人はいませんでした。


# by tombozukan | 2021-04-10 19:24 | いろいろ | Comments(0)

トンボ観察など気ままなお出かけブログです!


by カフェトンボ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30