人気ブログランキング |
さて、久しぶりの牛そばに満足し、車を沖縄最北端まで走らせる。初最北端です。北端から林道に入ります。
a0268377_22130821.jpg
こういった開けた空間から見える海はいいですね~。さて河原に到着するとカラスヤンマが結構飛んでいる。
a0268377_22130809.jpg
飛翔撮影に燃えます!おっとその前に河原を探索したがコヤマらしきトンボはいなかった。リュウキュウハグロくらいしかいなかったのでカラスヤンマ飛翔撮影です。北部から林道を南下、すると出てきました、ヤンバルクイナ!また目の前をダッシュで横切る。速攻車を止めてカメラを持って追いかけるが、すぐに茂みの中へ隠れてしまった。またも撮影ができなかった。ヤンバルクイナの撮影は難しいですね。でも林道を走っているとリュウキュウイノシシが出てきて、林道をトコトコと走って下っていった。走る姿がめちゃくちゃかわいかった。やんばるの林道を縦断するが、これといって特に成果はなかった。そして、このツアーの中で一番気になっているトンボ、オオメを狙いに三度目の挑戦です。昨日の夜の作戦会議でまだ行ったことのない場所で探索をしようと決め、そこへむかう。そして向かっている途中地図に載っていない池を見つけた。こんなところに怪しげな池がある。時間は16時半、まだ昼間のような明るさの池であるが樹林に囲まれ、いかにも現れそうな雰囲気がある。池ではベニトンとオオシオカラ、ハネビロがにぎやか!そのバトルを横目にたたずんでいるのはタイリクショウジョウ!
a0268377_22130866.jpg
このトンボは比較的おとなしいですね。この池はあとでまた来ることにして、昨日さがした池へ向かう。目的地に着くと、雰囲気的にちょっと違う。ここはなんか違うね。長年の勘がそう思わせます。そしてさっさと撤収し、さっきの池へ戻る。時間は17時半!ちょうど日陰になっていた。さて、先ほどまでにぎやかだった池がとても静かな不気味な雰囲気に変わっていた。車から機材を降ろし準備していると、池の淵に黒っぽいちょこまかと飛んでいるトンボを発見。近づいてみてみると、今まで見たことのない雰囲気のトンボだった。ひょっとしてオオメ?早速捕獲!おそるおそる網から取り出すと、それは待ち望んでいたオオメトンボだった!息子と大喜び!なんせこのトンボに会いたくてどれだけ苦労したか・・・泣けてくるぜ!そして撮影を開始しようとすると、なんだか池でバチバチ音がし始めた。池を見るとなんとオオメがたくさんいる。ウオーっ!なんじゃいこりゃ、数えるとオスメスあわせて10頭はいる。いままでの苦労はなんだったんだ・・・でもようやく念願のトンボに出会えて、今回のツアーの目的はほぼ達成できたかな、ということでオオメ撮影です。
a0268377_22130745.jpg
雄のこの細いしっぽがいいですね。そして雌。
a0268377_22130718.jpg
木と同化してわかりませんね~。そして乱舞している雄の飛翔を置きピンで連写しまくる!薄くらい中での撮影なので、なかなか大変です。数ある中からピントが合ったのはこの一枚だけ。
a0268377_22130875.jpg
自然光だと厳しい~(泣)それでも自然光にこだわった。それにしてもさっきまではベニトンやハネビロでにぎわっていた池が、この時間はオオメ一色!トンボの世界は面白いですね。1時間ちょっとオオメトンボに遊んでもらい、最後の目的地へ向かいます。前回念願かなって撮影できたトビイロです。涼しい夕方に出てくるのか様子見です。19時に現地に到着、すっかり陽もくれてしまったが、すでに先客が3名いる。ということはいるってことね。そして前回撮影したところへ行くと、ちょこまかと飛んでいるヤンマがいる。息子がすぐに捕獲してくれた。するとそれは綺麗な複眼をしている雄だった。
a0268377_22130897.jpg
本当に綺麗な複眼をしている。早速モデルになってもらおうとしたが結構元気で一枚撮ったらすぐに逃げられてしまった。それでもなんだか満足感にひたり上空を飛び交うトビイロを見ているだけで楽しかった。ただ、あちこちで網を振っては三角紙に入れている輩を見ていると複雑な気持ちになります。しかも若者です。10頭以上は捕獲していたように見えます。節度ある行動を願いたいと思いますが・・・さてあたりはすでに真っ暗。名護へ戻り、夕飯です。やはり21時!どうしてもこの時間になりますね~。今日はなんだかとんかつが食べたくなり「とんかつ定食」を注文!
a0268377_22130812.jpg
見てください、この量!これで650円です!オリオン生と会わせて腹がいっぱいになり、逆に死にそうになってしまった(笑)

# by tombozukan | 2019-05-25 22:12 | 沖縄 | Comments(0)
このツアーも後半戦に入ってきました。もちろん今日も快晴!先日オキナワコヤマトンボの雌しか見ることができなかったので、もう一度雄狙いで林道へ行く前によることにした。従って朝飯はコンビニでおにぎり買って移動しながらの朝食です。
a0268377_20563794.jpg
8時半に現地到着!準備をしていると草むらにオオハラビロ雄の若い固体がいた。
a0268377_20563738.jpg
とりあえず証拠写真をさくっと撮って河原へ行きます。こういうときは頭の中は妄想でいっぱいです。皆さんもそうだと思うのですが、現場へ移動しているとき、河原をゆうゆうと飛んでいる姿を想像しながら向かっているのではないでしょうか。天気もよく早朝のこの時間は間違いなくいるだろうと思い、川へ!さっそく河原を歩くが・・・なんとも寂しい、ベニトンボとオオシオカラしかいない。寂しすぎる。そして待つこと10分、カラスヤンマの雌が上空に現れた。するとすぐに雄がくらいつく。おっと、交尾になった!そしてすぐに木に止まった。オキナワコヤマが現れるまで交尾の撮影を試みる。
a0268377_20563764.jpg
結構高いところに止まるので、300mmでこれが限界。まあ証拠写真として残せてよかった。そして本命を待つがいっこうに現れる気配なし。予定外でつっこんでしまったのであきらめて今日の目的地へ行くことにした。林道です!
a0268377_20563712.jpg
林道に入ると、いたるところにROOD KILLの標識があります。
a0268377_20563634.jpg
実は、昨日林道を走っているとヤンバルクイナが目の前を横切ったのである。すぐさま車を止めて撮影しようとしたが茂みの中へ入っていき。撮影することはできませんでした。結構車の直前で横切るので注意が必要ですね。さてやんばるの奥地へ行くと沢ではヤンバルトゲオがいます。
a0268377_20563624.jpg
今日はオスメス連結あたりを期待するが、いるのは雄のみ。探索すると綺麗なルリモンがいました。
a0268377_20563632.jpg
結構でかいですね。ヤンバルトゲオばかり見てるとルリモンの大きさに驚きます。まだ若くて綺麗な固体です。さて林道をさらに進みます。林道が交差するところに国立公園の看板があります。
a0268377_21212866.jpg
林道を走っていると、あちらこちらに写真のような赤いリボンが木にかかっています。
a0268377_21212888.jpg
車を止めてみてみると、リボンの下にマングース用のトラップがあります。
a0268377_21212850.jpg
中を覗いてみるが、マングースはいませんでした。やんばるではマングースがヤンバルクイナを食べてしまうとのことで駆除作業を行っているそうです。いたるところに設置されてます。この3日間でも4・5匹は目撃したかな~。さて林道をすすみます。時折、林道の上にカラスヤンマが飛んでいるのがわかります。トンボが群れているところで一旦車を止め様子をみます。上空にはハネビロトンボがいます。
a0268377_20563600.jpg
大きいのが何頭か飛んでいるのですが、どれもカラスヤンマですね~、ミナミヤンマを期待していたのですが、まだ早かったか減流域の沢に入らないと見つけられないのか、かなり難易度の高いトンボと聞いていたが、そう簡単には見つかりませんね。さて怪しいトンボがいたので捕獲してみるとリュウキュウトンボです。ハネビロとランデブーしてました。
a0268377_21113926.jpg
いつものようにモデルになっていただきました。さて林道をどんどんすすみますがミナミヤンマらしきトンボを見つけることはできませんでした。変わったトンボが飛んでいるので捕獲してみると、ハネビロの若い固体!
a0268377_21113901.jpg
この翅の模様がすごい迫力です。ダムにあるビオトープではコモンハネビロはかりが目立つが林道ではハネビロが多いですね。この広いやんばるの森を走っているとあっとういうまに時間が過ぎていきます。お昼を過ぎたのでお約束の「ひまわり食堂」へ!
a0268377_21113995.jpg
外観は食堂っぽくないですね~。古さは否めませんが、結構お客さんは入っています。そして前回同様、牛そばです!
a0268377_21113935.jpg
これ、いちおしですので皆さん機会がありましたら一度食べてみてください。

# by tombozukan | 2019-05-25 11:55 | 沖縄 | Comments(0)
さて、前半のトンボ撮影が終わり腹ごしらえ!前回行った奥間のひまわり食堂へ向かう。海が綺麗すぎて一旦車を止めビーチへ。
a0268377_22341517.jpg
これぞ、THE沖縄!雲ひとつない!こんなの今までなかったので最高です。そして牛そばを食べに「ひまわり食堂」へ行くと休み・・・まじか、仕方ない「ひまわり食堂」は明日こよう。そして北上すると「ゆいゆい国頭」が出てきた。今日はここでお昼です。
a0268377_22341541.jpg
「レストランくいな」いいですね、名前が、くいなくいな、めしくいな~と独り言・・・やばっ!さて入り口にメニューがあり一目見て決めた。いのぶた肉沖縄そば!
a0268377_22341675.jpg
「いのぶた」というのが気になって調べたら、イノシシと豚を交配させたものとのこと。おーーっ、まじか、チャレンジだな。普通盛りを頼んだのだが、さすが沖縄!量が多い。隣のおじさんは、ハーフを頼んでいた。知っていたらハーフを頼んだな、まあきたのでゆっくり食べよう。「ひまわり食堂」も同じように、もやしと牛を炒めたものを沖縄そばの上に載せている。肉がいのぶたに変わっただけだが、このいのぶた、うめ~し!やっぱりいいですね。そして本日のメイントンボを狙いにやんばるの中へGO!14時過ぎに到着、なんか他のトンボフリークの人が見たらなんてのんびり行動しているんだろうと思われますね。こんな時間にオキナワサナエを狙いに行っているのだから(笑)さて現地に到着すると、サナエがいそうな雰囲気ばりばりの沢!最初降りたところはトンボの影はなく、少し上流へと移動、岩の上を渡って探すがなかなかその姿は見当たらない。いや~、やはり時間が遅いのか・・・そして焦ってきた。移動しているとカラスヤンマが低空で現れた。おーーっ、これは飛翔撮影のチャーンス!いや待て待て、今日のメインはオキナワサナエ!カラスヤンマはどこでもいる。低空をゆっくり飛ぶカラスヤンマを横目で見ながらオキサナを探す。そして草陰の岩を覗くと・・・いたーーーっ!念願のオキナワサナエだ!
a0268377_22341546.jpg
すぐさま撮影、そして草が邪魔なのでそっと近づく。この固体はおとなしく飛ばないでいてくれた!ラッキー!
a0268377_22341591.jpg
間違いなくオキナワサナエである。絶滅危惧種だけあって、いろいろないそうな沢に行ったが見つからず、ようやくここで出会えた。正直ホッとした。2日目で5種目の未観察種!今回のやんばるトンボツアーの予定を順調にこなせての安堵である。無線で息子を呼ぶが、目を離したらいつの間にかいなっくなっていた。あれれ、周りをくまなく探すが見つからない。さっき撮影しておいてよかった。息子は残念ながら撮影できなかったがしょうがない。15時をまわったので次の目的地へ移動!と林道を走り始めてすぐに赤土むき出しの所で水がでているところがある。オオシオカラが産卵していたので、ちょいと降りてトゲオをがいないか探索。
a0268377_22341588.jpg
よーーく目を凝らしてみていると、おっ!いた!非常にわかりずらいが、シダの葉の先に止まっている。拡大するとこんな感じ。
a0268377_22341510.jpg
枯れ草と同化していてわかりずらいですね~、でもこんな所にいるんですね~。これ以外に周りを探すといました。この場所でも3頭雄がいました。雌は残念ながらいませんでした。
a0268377_22594120.jpg
さて、こくこくと陽が傾いてきたので、最後の目的地、昨日と同じ場所でオオメ狙いです。17時に現地到着!天気がよいせいか夕方という感じがしません。昨日と同じくカラスヤンマがいます。ちょいと雄を捕獲して撮影です。
a0268377_22594227.jpg
オニヤンマ科のミナミヤンマ属のトンボで、オニヤンマに比べるとだいぶ小ぶりです。撮影に夢中になっていると、ちょこまかと飛んでいるトンボがいる。もしやオオメ?さっと捕獲してみた。網に入った瞬間アドレナリンが放出!念願のオオメか?そして網から出してみると・・・
a0268377_22594179.jpg
リュウキュウトンボの雌!卵塊があるので産卵にきていたのである。すぐに撮影。3枚撮ったところで飛んでいってしまった。うーーん、もっと横の写真とか撮りたかったが仕方がない。草陰にリュウキュウカワトンボの雌がいると息子が見つけてくれた。
a0268377_22594258.jpg
メスの撮影ができていなかったので、撮影できてよかった。そうこうしているとかなり暗くなってきた。19時!
a0268377_22594223.jpg
そろそろ引き上げ時間なので帰る準備をしていると大型のトンボがこっちにむかってきた。捕獲してみると・・・
a0268377_22594246.jpg
リュウキュウギンヤンマ!前回の沖縄ツアーで撮影に燃えていた種、カメラをバックに閉まってしまったのでスマホで撮影!実は昨年末に新しくしたので2000万画素もあるので、とても綺麗に写るのである。本日はこれにて終了、念願のオオメは今日も会うことができなかった。帰りの車中でオオメ対策を考えながら名護へむかう。ホテルに到着し、装備の整理と明日の準備で遅くなり、裏の居酒屋へは21時を過ぎてしまった。腹へって死にそう~。お店の中にはハリセンボンらしき剥製が。
a0268377_22594242.jpg
死にそうなんだけど、オリオン生とゴーヤちゃんぷる~のみ!ほんと小食だよね~、これだけ外で汗かいて動いているのに、これで満足できてしまう。
a0268377_22594228.jpg
それにしても沖縄とは思えないくらい夜は涼しい。


# by tombozukan | 2019-05-24 22:33 | 沖縄 | Comments(0)
さて、やんばるトンボ観察2日目の朝です!窓を開けると超快晴!雲一つありません。
a0268377_21023266.jpg
名護にあります「ゆがふいん」というホテルに宿泊です。7時起床はちょいとのんびりですね。まずは朝ごはんを食べに名護のA&Wです!8時オープンで一番のりです。
a0268377_21023165.jpg
ほんと、この空やばいですね。モーニングセットを注文、私は沖縄に来たら必ず飲むルートビア!
a0268377_21023248.jpg
これとさんぴん茶を飲まないと沖縄に来た気がしません(笑)。最初の目的地は慣らし運転をかねて近くのダムのビオトープです。
a0268377_21023290.jpg
整備されていて綺麗です。マングースがうろついてました。初めて見ました。でも写真には収めるまもなく逃げられてしまった。朝からハラボソトンボとベニトンボがバトルです。
a0268377_21023280.jpg
沖縄の水辺ではくさるほどいるベニトンボ!そしてちょっと草がある水辺ではアカナガイトトンボがいました。
a0268377_21023211.jpg
久しぶりのご対面です。前回の沖縄ツアーでは見ることができませんでした。さて慣らし終了!てか昨日撮影してんじゃん(汗)いよいよここからやんばるに入っていきます。
a0268377_21023208.jpg
このヒカゲヘゴはやんばるの象徴みたいな木ですね~早速カラスヤンマ雄です。
a0268377_21023389.jpg
逆光でうまく撮影できない(泣)そしてなんとオオキイロが飛んでいる。
a0268377_21023367.jpg
これもゆっくり飛んでいるのだが、逆光でダメです。そして川のほうへ行き上流のほうへ移動。するとリュウキュウトンボが往復飛翔している。初物!嬉しいですね。飛翔撮影開始!
a0268377_21120442.jpg
結構同じ場所を何往復もしてくれたので何カットか撮れました。そしてここの場所での目的のトンボのオキナワコヤマですが全然その姿を現しません。場所がよくないのかな~、と思っているとコヤマぽいトンボがこっちにむかってくる。じーーと目を凝らしてみているとオキナワコヤマだ!ようやく出てきたと思いきや、2・3往復するとすぐに木に止まってしまった。あれれ、もう休憩?結構高い位置に止まったので300mmフルズームで撮影。
a0268377_21120495.jpg
日陰のため、これが限界!次は雄がくるのではと淡い期待をいだくがなかなか現れない。待っている間にムスジを撮影。
a0268377_21161620.jpg
結構、足元にたくさん飛んでいた。うーんまだ出現せず。そしてリュウキュウベニイトトンボ。
a0268377_21120483.jpg
暗がり大好きトンボです。ここの場所でのタイムリミットとなり、結局雄は現れませんでした。車に戻ると枝先にオオハラビロの雌がいました。次の目的地に行くのであまり相手をする時間がなく適当に撮影。。。
a0268377_21120532.jpg
沖縄の普通種勢ぞろいですね。やんばるはトンボの楽園です!午前中はここまででお昼を食べてさらに奥へ行きます。



# by tombozukan | 2019-05-24 12:02 | 沖縄 | Comments(0)
2年半ぶりの沖縄トンボ観察ツアーです。今回は5日も休みをとり、なんと4泊5日ずっと名護をベースにやんばる観察です。沖縄は梅雨入り、しかしいつもの台風男がいるのになんと快晴とのこと。しかも梅雨の中休みのように我々が滞在する間はずっと晴れの予報である。こんなことがあるのか、沖縄滞在中は必ず雨に見舞われてきたのでちょっと信じがたい。さて早朝4時に起き、羽田空港へ向け自宅を出発です。空港へは7時に到着。電車で2時間、ドトールで朝食をかねてひと休みです。8時55分発の777です。
a0268377_18410837.jpg
大量の荷物を預け搭乗、風もなくほとんど揺れのないフライト、おきまりのJALカフェ!
a0268377_18410989.jpg
椅子がリニューアルされてトレーが狭くなっていた。そしてほぼ定刻で那覇空港に到着。今回、友人の家ではなく名護のホテルをベースにするのでレンタカーを借りることにした。レンタカー屋を出発したのが13時で、お腹がすいたので高速の手前にある「うるま食堂」によります。
a0268377_18410921.jpg
沖縄では、地元の人がいく食堂が安くていいです。この青いスウィフトが今回のレンタカー、息子が運転してくれるので楽です。さて食事ですが、沖縄にきたら沖縄そばかちゃんぷる~ですね。息子はソーキそばで私は豆腐ちゃんぷる~です。
a0268377_18410911.jpg
ご飯はジューシーを期待したのだが、普通の白ご飯だった。まあ値段が安いからしょうがないか。この定食、珈琲もついて600円。飛行機はマイルでタダだけど、今回ホテルとレンタカー代がかかっているので食事は節約モードです(笑)。腹ごしらえも終わりいざ高速で移動です。この店の前の駐車場でハネビロトンボが出迎えてくれた。
a0268377_18410916.jpg
見よ!この青い空!そして終点の許田インターをおりて海岸道路です。
a0268377_18410956.jpg
この青い海が最高です!時間は14時30分、このまま名護岳に向かいます。そしてこのツアー最初の目的のトンボがいるか確認です。15時40分に目的地に到着。
a0268377_18410988.jpg
このヒカゲヘゴの樹林がたまりません。そして水がしたたる壁面を探すと、すぐに見つかりました。オキナワトゲオトンボです。
a0268377_18410967.jpg
今回、5月後半に予定を組んだのは、まだヤマイトトンボ科のトンボを観察したことがなかったので、この時期にしました。雨は覚悟の上だったのですが、晴れてよかったです。そしてこのトゲオトンボ属の特徴であるおけつの刺のような突起です。
a0268377_19070366.jpg
写真真ん中の右側に小さな突起があり、これが刺のようなのでトゲオトンボと名がつきました。さて雌がいないか探すが、時間が遅いのかその姿が見当たりません。半径50m近くを、くまなく探したのですが雄が3頭いた程度でした。お昼前だったら交尾産卵が見れたかもしれません。今回の工程ではオキトゲは初日のみの観察ですので、これでお別れです。そして次の目的地は夕方なのでオオメトンボ狙いでやんばるの池へ移動です。17時30分に現地到着。池面を見るといろいろなトンボが飛んでいます。この瞬間は血沸き肉踊るですね~、わくわくドキドキです。まだ陽があるのでオオメらしきトンボはまだでてきません。いるのはベニトンボばかり。あとコシブトがいますね~。
a0268377_19070337.jpg
水草が繁茂する場所に数頭いました。そしてコフキヒメもいますね~
a0268377_19070301.jpg
この小さいトンボの撮影していると上空にバットマンみたいなトンボが現れました。おーーっ!今回の目的のトンボ2種目!カラスヤンマです。300mmでフルズームです。
a0268377_19070353.jpg
この名前の由来になった黒い翅が特徴で、魅力あるトンボです。雄より目立ちますね~。雄も飛んでいるのですが、どうしても雌のほうに視線がいってしまいます。ズームしないとこんな感じ。
a0268377_19070304.jpg
そして目的のオオメはというと何度かそれらしき固体が目の前の素通りするのだが、確認はできず、時間も19時をまわり、今日は4時起きなのでトンボ観察はこれで終了、ホテルへ向かいます。ホテルには20時ちょうどに到着。荷物を広げ明日の準備をし、夕飯食べにホテルの裏にある居酒屋へGO!21時です!さすがに腹へって死にそう~
a0268377_19070348.jpg
夜はやっぱりオリオン生ですね~、定食が結構安いのだが、小生夜はあまり食べないので、シンプルにそ~めんちゃんぷるです。昼に続きちゃんぷる第二弾です。
a0268377_19070401.jpg
さて明日から本格的にやんばる探検です!




# by tombozukan | 2019-05-23 18:40 | 沖縄 | Comments(0)

トンボ観察など気ままなお出かけブログです!


by カフェトンボ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31