色づく秋

おおよそ2ヶ月ぶりのトンボ撮影、ここのところ家の用事で忙しく、なかなかフィールドに出られないでいた。台風一過の今日、近場で秋のトンボ撮影でもしようと外に出ると・・・なんという暑さ!台風が猛暑を運んできた!いやーまいるね~熱中症になっちゃうよ。そして池に到着!まだ夏ですね~ギンヤンマがバトルを繰り返し下草にはキイトトンボがまだまだ元気ですね。
a0268377_19131827.jpg
初夏に撮影した場所ではなく別の場所に集まってました。季節によってたむろする場所が違うのかね~、そして三世帯目となるアジア!
a0268377_19131837.jpg
そしてアオモン!
a0268377_19131884.jpg
アオモンはまだ未熟が数匹群れてました!イトトンボはこの3種しか見当たらなかった。クロイトやセスジはもう終息してしまったのか。開けた空間ではウスバキが飛び続けている。
a0268377_19131886.jpg
適当に連写して撮った一枚。池のまわりでは彼岸花が満開です。
a0268377_19131913.jpg
つぼみの彼岸花には秋のトンボたちが涼んでました。アキアカネです。さすがにこの暑さだと日向には出れませんね~。
a0268377_19131855.jpg
コノシメも赤く色づいてます。着々と秋は深まってきますね。
a0268377_19131929.jpg
これから秋本番、もうトンボ観察もいよいよ終盤ですね。

[PR]
# by tombozukan | 2017-09-18 19:25 | トンボ | Comments(0)

超伝導リニアL0系!

何度応募しても当たらなかったL0系の体験乗車がついに当たった!途中諦めた時期もあったが粘ってみるものだ。5月に応募して、当選メールが7月4日にきて、今日待ちに待った体験乗車の日を迎えたのである。今までずっと雨男だったが今日は雲り晴れ。2区画なので息子と二人で山梨の都留へ向かった。乗車時間は13時30分だが、リニア館や走行写真を撮りたかったので早めに到着!
a0268377_22185678.jpg
早速、「どきどきリニア館」へ。入館料は体験乗車に当選した方は団体料金割引が適用されるとのことで若干安くなりました。早速リニアが通るとのことで3Fへ直行です!ところが展望フロアについてとたん時速500kmで通過してしまった。まあまだ時間はあるので次の便を撮影しようと切り替える。するとさっき通過したリニアが戻ってきて停車しました。
a0268377_22185675.jpg
おーーっつ!あともう少しであれに乗れるんかい!いやーー、楽しみだね~、童心に戻るね~、この展望フロアには将来できる山梨県駅周辺のジオラマがあります。乗車まで館内を散歩です。
a0268377_22185585.jpg
富士山をバックにいい感じですね、今日は残念ながら雲が多く富士山は見れませんでした。
a0268377_22185572.jpg
在来線の駅もリアルに再現され、素晴らしいです。そして10年後に完成する山梨県駅!このジオラマは朝から昼へ、昼から夜へとうつりかわります。とてもリアリティが高く、見とれてしまいます。ジオラマを走るリニアの模型も速すぎて撮影が困難です。
a0268377_22185712.jpg
1FにはL0系の前の実物車両が展示してあります。MLX01-2です。
a0268377_22185714.jpg
お昼になりおなかがすいたのでわくわく山梨館の前にある出店で富士宮やきそばを買って食べました。食べ終わってのんびりしているとリニアが通過するとアナウンスがはいる。今度は山梨館の3Fへ移動し500km走行のリニアの写真にチャレンジします。Sモード4000分の1にセット!
a0268377_22185698.jpg
1秒に138m近く移動するので、高速連写!秒5コマしか撮れない小生のカメラの一コマです。ちなみにリニアの位置や走行速度などは館内のモニターでリアルで見ることができます。
a0268377_22185671.jpg

さて、そろそろ時間がきたので体験乗車受付場所へ移動します。当選ハガキを見せ、中へ入ると、今度はセキュリティゲートを通過します。飛行場と同じですね。手荷物検査は目視で係員が行いました。ゲートを通過すると次はチケットを発券します。かっこいいリニアの搭乗チケットです!空港と同じように二次元バーコードをかざして改札を抜けます。改札を抜けると搭乗前の説明をする控え室に入ります。
a0268377_20584591.jpg
控え室にはリニアの歴史紹介のパネルやギネス記録の額などがかざってあります。
a0268377_21015240.jpg
ビデオ説明が終わると、いよいよ搭乗です。わくわくどきどきです!係員に連れられて搭乗口まで行きます。リニアの搭乗口は飛行機と同じようにボーディンブブリジッジで接続されていて外を見ることができません。オレンジの線の部分がブリッジで、奥がリニアです。
a0268377_21130099.jpg
中も係員と一緒に座席まで案内されます。われわれの席が一番最後尾みたいです。後ろにまだ座席が余っているみたいですが・・・車内はこんな感じです。新幹線より若干幅が狭い感じですね。
a0268377_21130029.jpg
前方にはモニターパネルが設置されており情報が表示されます。走行予定が記載されており500kmで2往復する感じですね。このときはただ乗れただけでも嬉しくて何も考えていなかったのである。
a0268377_21125971.jpg
車窓です。残念ながら富士山は見れません。
a0268377_21130052.jpg
そして、いよいよ出発です!車両最先端部にカメラが設置されており、景色がモニターに映し出されてます。最初は車輪走行です。えっ?いきなりバックです。そうか、行ったり来たりするから座席は回転しないから、そういうことか・・・いや~高速鉄道で後ろ向きに300km以上で走るなんて、なかなか体験できないね~
a0268377_21125948.jpg
そして時速150kmを過ぎると、車輪走行から浮上走行へ切り替わります。この瞬間を待っていた!浮いた瞬間、車輪からくる振動がなくなった。おーーっつ!超伝導走行だ!スピードが増すにつれ空気抵抗の音が大きくなる。感動しているうちにすぐに減速にはいり、車輪走行へ変わった瞬間、若干の衝撃がくる。おーーっつ、車輪走行に変わったね~みるみる速度が落ちていき完全にストップ。いよいよこれからが未体験ゾーンへの突入です。速度は0kim!
a0268377_21381636.jpg
すぐに動きだしました!そして時速150kmを過ぎると、車輪走行から浮上走行へ切り替わります。超伝導走行へ移行、いいですね~この瞬間、日本の最先端技術の粋を感じます(涙)
a0268377_21381658.jpg
モニターの左の数字は走行距離を示してます。飛行機ならとっくに離陸してるスピードですね。いかに飛ばないように設計するかも大変な技術ですね。
a0268377_21381573.jpg
8kmを越えた地点で時速400kmを越えました!
a0268377_21381699.jpg
そしてついに最高速502km!3分くらいで500km達成です。
a0268377_21381661.jpg
そして同乗者たちは・・・皆撮影中!
a0268377_21130047.jpg
しばらく500km走行が続きます。カーブにくるとさすがにGを感じます。画面に情報が映し出されます。
a0268377_21544250.jpg
なんかぐいぐい引っ張られるかんじですね。そしてあっという間に42km地点に到達し、また0kmからスタート、今度は後ろむきに500kmの体験です。しかし不思議なことに浮上して走行していると後ろに進んでいる実感があまりないのです。500kmに達成しても違和感がなく不思議な感じがしました。そしてあっという間に体験試乗が終わってしまいました。実に30分間で120km近くを走行したことになります。最後にリニアを間近で見ることができるところで撮影タイムです。
a0268377_22040891.jpg
実は、リニアには運転席はありません。すべて管制センターで操作されているそうです。スピードは違うけど東京湾岸を走るゆりかもめと同じですね。最後に山梨館でお土産を買い、10年後に開業するリニアをいち早く体験できたことに満足し、この地をあとにしました。
a0268377_22040829.jpg
もう秋ですね~、この夏トンボ撮影を全くしていない小生でした。(汗)




[PR]
# by tombozukan | 2017-08-29 12:39 | 鉄道 | Comments(0)
旧イギリス領事館内のティールームで一息ついた後は、坂の上にある異国情緒あふれる建物まで散歩です。。旧北海道庁と旧公会堂です。奥に見える山は函館山で山頂はガスがかかってます。
a0268377_21545218.jpg
時間が押し迫ってきたので、市電で湯の川温泉まで行きます。坂を下りると末広町の駅があります。
a0268377_21545342.jpg
結構な勾配ですね~、坂の標識には18の坂の名称が記述されてます。さて次は函館旅行最後の観光地、トラピスチヌ修道院へ向かいます。市電といえばエアコン無しでつらい思いをしたのだが、さすがにここからタクシーはきついので、我慢していくことに。するとなんだか新しい市電がきた。乗ると今度は冷房が効いている!いろんなタイプがあるんですね~、快適に湯の川温泉駅まで行くことができました。
a0268377_21545334.jpg
さて、ここからはタクシーをひろってトラピスチヌ修道院へ向かいます。タクシーで1700円くらいかかりました。
a0268377_21545396.jpg
今にも雨が落ちてきそうな天気です。まずは聖母マリアが迎えてくれます。そして旅人の聖堂で祈りをささげました。そして中へと進むと、大声を出さないよう標識がたてらてました。
a0268377_21545314.jpg
聖堂の前には赤レンガの修道院受付の建物があります。そして聖堂です。なんかとても聖域な場所に来たな~と感じました。
a0268377_21545296.jpg
修道院を出ると、市民の森があります。少し散策です。
a0268377_23141354.jpg
アジサイ園があります。ちょいと変わったアジサイです。
a0268377_23141265.jpg
いろいろ名前がついてましたが忘れました。(汗)
a0268377_23141275.jpg
ところが、一面アジサイが咲くはずのアジサイ園ですが、天候のせいか虫にやられたのかわからないのですが枯れているのがほとんど、翌日アジサイフェスタが開かれる予定ですが、これではフェスタどころではないのではと思います。
a0268377_23230563.jpg
アジサイ園を離れ、空港へ行く途中どうしても寄りたかった、コーヒールームきくちです!
a0268377_23141247.jpg
ここはソフトクリームが有名とのことですが、ゆっくりコーヒーも飲みたかったのでこれにしました。
a0268377_23141221.jpg
モカソフト付のコーヒーセット!モカソフトが有名で、とても滑らかで美味しいです。店内は昭和の雰囲気が漂ってますが、とても落ち着くいい店です。この日は地元の人ですぐに満席となりました。あわただしく移動した最後のくつろぎのひととき。このあと空港で夕食を食べるので、本当に食べまくりの旅になってしまいました。天気も良くなかったですが、行動中は雨が降らなかったのが幸いです。中学校の修学旅行以来の函館観光でしたが、とても1泊2日ではものたりないですね。まだまだ見たいところ、食べたいものがありまたいつか計画してきたいですね。帰りの飛行機は行きと同じタイプですが、照明はLEDできれいですね。
a0268377_23141252.jpg
真ん中の席はほとんど誰もいません。梅雨前線が東北地方にかかり、そこを通過するとき激しくゆれました。それでも着丈にお茶のサービスをしているCAはすごいなと、バランス感覚がはんぱないですね~。

[PR]
# by tombozukan | 2017-07-22 18:54 | 北海道 | Comments(0)

函館 Victorien Rose!

五稜郭からタクシーで元町へ移動!カフェを楽しむため旧イギリス領事館へ。ユニオンジャックがなびくイギリスの領事館、75年前に建築され、何度か火災にあい1913年に再建された建物が現在、記念館として復元されております。
a0268377_18020619.jpg
建物の裏手にはローズガーデンがあり、ぎりぎりバラを楽しむことができした。
a0268377_18020730.jpg
天気はいつ雨が降ってもおかしくないので早めにバラの撮影を楽しみます。
a0268377_18020773.jpg
本当に真っ赤なバラは目立ちますね~、でも美しいものには棘がある!茎には棘がたくさん出ていて、その鋭さに怖さを感じます。
a0268377_18020787.jpg
いろんな色のバラがあるんですね~。
a0268377_18020884.jpg
黄色も素敵ですね。
a0268377_18020813.jpg
このまだらな色のバラもすごく迫力があります。
a0268377_18020741.jpg
結婚式で使われそうなバラですね。
a0268377_18154787.jpg
なんともいえないまぶしい赤紫です。
a0268377_18154744.jpg
バラ以外にこんなかわいい花も咲いてます。バラの撮影を楽しんだ後はお待ちかねのティータイム!
a0268377_18154640.jpg
大正時代に建てられてた建物の中へ入ります。こういう古き良き建造物はタイムスリップしたみたいですね。ゆっくりと静かにティーを楽しむことができそうです。中にはテディベアが飾られていてイギリス情緒を感じます。
a0268377_18154611.jpg
さて、ゆっくりと流れる時間を楽しみながら注文したシナモンミルクティーがとどきました。
a0268377_18154721.jpg
素敵なティーカップできましたよ!シナモンの香りもたまりません。家内はローズティーを注文、バラの香りがすごく心地よい。
a0268377_18154720.jpg
異国情緒あふれる北の港町は見て楽しむところがたくさんあり、とても1泊2日でまわりきれるものではないですね。まだまだ行きたいところはたくさんあるのだが、夕方の飛行機まで時間がなくなってきたので次の目的地へ移動です。さすがにタクシーばかりだとお金がかかってしまうので、末広町から市電で湯の川温泉を目指します!


[PR]
# by tombozukan | 2017-07-22 14:32 | 北海道 | Comments(0)

函館 五稜郭!

朝市で腹いっぱいになり、市電で五稜郭へ!今のところ雨は大丈夫、しかし東京と同じような蒸し暑さ、早く市電に乗ってクーラーで涼みたい、実は、市電に乗るのは初めて!超うれしいですね~、東京に10年以上住んでいても都電に乗ったことがなかった。
a0268377_20433241.jpg
Suicaでタッチで乗れるのが嬉しいですね~、そして座ると・・・ん?蒸し暑い・・・えっ!クーラーがない!812号(800系)昭和37年~昭和40年に製造された車両とのこと。私が生まれる前だよ。昨日から函館は30度越えで暑い!しかたがないね~、これも旅のいい思い出になるね。そして20分ほどで五稜郭公園前に到着、ここから少し歩きます。
a0268377_20433111.jpg
ようやく五稜郭タワーに到着!2006年に新築されたタワー!早速チケットを買って展望台へあがります。
a0268377_20433096.jpg
いや~、初めて見る五稜郭!星型でかっこいいですね~、展望台には函館開港にまつわる展示物がたくさんあります。歴史はあまり詳しくないのだが、鎖国の日本に開港をせまったペリーがここでも関わっていたんですね。
a0268377_20433019.jpg
アメリカと函館の漢字が、昔はこういう字だったんですね~、勉強になります。そして五稜郭の反対側には昨日行った函館山が見えます。
a0268377_20433030.jpg
少し晴れ間が出てきました。そして、展望台にcafeがあるので、お決まりの・・・
a0268377_20433175.jpg
メロンソフト!五稜郭をバックに、みんながやりそうな撮影をやってしまった(汗)、下りのエレベータは下のフロアへ行きます。いや~ここにもありますね、スカイツリーと同じガラス床。
a0268377_20433037.jpg
展望台ではお決まりになりましたね。エレベータに乗り動き出すと、照明が暗くなり壁に幽霊が・・・なんてね。いろいろと凝った造りになってます。
a0268377_20433146.jpg
1Fには土方歳三の銅像など、こちらにも展示物があります。
a0268377_20433177.jpg
こういうのを見ていると、改めて歴史を勉強してみたくなりますね~。朝市で腹いっぱいにしたのだが、また食べたくなってきた。そこで函館といえば塩!旭川は醤油、札幌は味噌と北海道の三大ラーメンをここで制覇!そして有名な「あじさいラーメン」。
a0268377_21202933.jpg
ノーマルな塩ラーメンにした。まだ朝市のご飯が残っている感があるので、軽めにしました。
a0268377_21202957.jpg
味はいたってシンプルな塩ラーメン、トッピングとか結構あったがごく普通にいただいた。朝から食べてばかりなので少しは運動をせねば・・・五稜郭公園を少し歩こう。
a0268377_21203053.jpg
時間がたつにつれ外国のツーリストが増えてきた!セミが鳴いているのだが、アブラゼミが結構多い。函館は内地に近いからだね~、旭川はエゾゼミがメインだから、北海道という感じがしないな~。そして五稜郭公園の真ん中にある奉行所!
a0268377_21203017.jpg
復元されたばかりで、綺麗です!ちょうど観光客がきれたので人がいない奉行所が撮れました。昼も食べたので、次は得意のcafeタイム!市電はクーラーがなかったのでタクシーで行くことにしました。



[PR]
# by tombozukan | 2017-07-22 13:06 | 北海道 | Comments(0)

トンボ観察など気ままなお出かけブログです!


by カフェトンボ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30