突然の志賀高原!

この土日は諏訪湖方面でのトンボ探索を計画していた。しかし降り続く雨で岡谷市や諏訪湖がとんでもないことになってしまった。そんな状況でのトンボ探索は危険きわまりない。しかも行方不明者も見つかっていないところへ行くのはしのびない。今回の計画は中止し別のところへ行く計画をたてていた。ところが・・・ひょんなことから突如志賀高原に行くことになった。しかも早朝4時に出発!道路はがらがらでほぼ予定通りに到着。しかし霧がすごい!

a0268377_13232902.jpg

すぐ側には無数の池や湿地がある。
a0268377_13232982.jpg
こんな霧でトンボはいるのだろうか・・・しかし池面を見ると草にオオイトトンボがいる。露で翅が濡れている。まだ寝ているのだろうか。
a0268377_13232929.jpg
まったく動く気配がない。9時を過ぎたころ、晴れ間がでてきた。ずーっと雨続きだった志賀高原もトンボがたくさんでてくるのではと淡い期待をしたが・・・いるのはアキアカネばかり。まだ見ぬトンボの気配が全くない。
a0268377_13232927.jpg
途中ミドリシジミがたくさん飛んでいたので撮影する。
a0268377_13232886.jpg
こんなにきれいな蝶を見たのは初めてである。

a0268377_13232867.jpg

ようやく高山のトンボがいそうな湿原を見つけた。小川付近でモイワサナエがいた。
a0268377_13232850.jpg
草むらにもサナエがいた。しかしなにかが違う。よく見るとコサナエである。
a0268377_13232847.jpg
こんな高地にもいるのか・・・とちょっと信じられなかった。そしてカオジロトンボが縄張りをはっている。
a0268377_13232846.jpg
このトンボは比較的明るいところに止まる習性があるみたいだ。白樺の倒木や金属のパイプにのみ止まった。湿原の木道にもよく止まっている。このトンボは比較的小さい。しかしいろいろとまわってみるが、上記のトンボ以外は全くいない。
a0268377_13232862.jpg
もっと奥まで行かないと他のトンボはいないのかも知れない。昨年、息子が同じところへ林間学校できたときには、やはり他の場所でかなり奥地の沼ままで行かないといろいろな種は見れないと言っていた。今回、娘の体調を考慮し次の目的地で探索をやめることにした。志賀高原から草津へ向かうがこの道路がすごい!日本最高所を走る国道は走るのが気持ちいいじゃなく、少し怖いくらいだった。景色は絶景だが・・・さて次なる目的地到着し早速エゾイトトンボが出迎えてくれた。
a0268377_13291371.jpg

しかしいたのはこの種とカオジロくらいであとはアキアカネの大群だけである。それでも今回は信州にこれるとは思っていなかったのでうれしい収穫である。最後は家族で草津温泉の足湯につかり少し疲れを癒したひとときがとても楽しかった。
a0268377_13291323.jpg
関東NO.1の温泉地だけあってたくさんの観光客でにぎわっている。車を駐車場に止めるのが大変であった。
a0268377_13291334.jpg
草津をあとにし、ついでに軽井沢にも立ち寄り買い物を楽しみ帰路に着く。
a0268377_13291300.jpg
嬬恋高原のキャベツ畑!すごい大きな畑、何個のキャベツがあるんだろう・・・


[PR]
# by tombozukan | 2006-07-22 13:22 | トンボ | Comments(0)

東洋のガラパゴス!

今日も現調という名の観光・・・昨日は時間がなくて行けなかった、ジャングル「金作原原生林」!
a0268377_20485730.jpg
ここの林道を車で走るには、レンタカーはやめたほうがよいかもしれない。なぜならば、道の脇の草木が道路まではみ出してきているので結構車に当たるのである。それでもわれわらはわが道を行ったのである。
a0268377_20485747.jpg
ほとんど対向車がこない道路、まず地元の人は走らないだろうね。観光客だけが興味本位で走るように感じた。
a0268377_20485766.jpg
このヒカゲヘゴの群落、ヒカゲヘゴだらけです。上空には何かのヤンマが飛んでいます。ジャングル探索が終わると、次は海。
a0268377_20485633.jpg
さすがにドボンはしませんがとても綺麗です。そして腹ごしらえはやはり鶏飯!
a0268377_20485641.jpg
腹ごしらえが終わるとまた走ります。奄美大島は石垣・宮古と違い島がでかい。そして名瀬を通り過ぎ、奄美自然観察の森へ向かいます。そこもザトウムシの天国!本当に大量にいると気持ちが悪いですね。ここではオオシオカラの奄美版がいます。
a0268377_20485748.jpg
道を歩くと、ザトウムシが散っていくのですが、大きなヤンマが低く飛んできます。金作原では空高く飛んでいたのですが、地上1mくらいを飛んできます。探雌行動でもしているのでしょうか。それにしてもこのヤンマは何だろう。網がないので捕まえられず、わからずじまいでした。なんかカラフルなトカゲもいました。
a0268377_20485661.jpg
そして飛行場から北へ行ったところにある、あやまる岬!
a0268377_20485609.jpg
海中プールみたいになっています。きれいなウニがいますね。
a0268377_20485631.jpg
さて、そろそろ羽田へ行く飛行機が到着するのでレンタカーを返却して空港へと向かうのでした。

[PR]
# by tombozukan | 2006-07-16 20:48 | 奄美大島 | Comments(0)

奄美大島の魅力!

石垣島、宮古島と2つの島での事業を終え、いよいよ3島目の奄美大島。前回不動産屋に宿題を出していたので、今日はその確認です。しかし本当は一週間前にくるはずだったが、台風が通過したため今日になりました。おかげさまで快晴の奄美大島です。気温は34度!ここは鹿児島県ですが南西諸島の離島、海も気温も沖縄と変わりません。
a0268377_19555667.jpg
東京の喧騒を離れ、島へ降り立つとそこは別世界が待っている。こんなことを繰り返していると東京で働くのが嫌になります。そして今日はすぐに名瀬に行かず、最近できたハコモノ見学です。
a0268377_19555776.jpg
石垣島や宮古島へ行って思ったんですが、こういったハコモノがたくさん造られていて国からの助成金がけっこう落ちているんだなと・・・
a0268377_19555644.jpg
人口の割りに立派すぎる建物。中も奄美大島の歴史を伝えるブースが立派に造られています。偉人の民家が再現されています。
a0268377_20295383.jpg
さて今日は、いきなり島の最南部まで車で行きます。
a0268377_19555734.jpg
何しに来たかと言うと、やっぱり観光だった!いきなりグラスボートで水中観察!先日、社員研修で竹富島のグラスボートで味をしめたのか奄美のグラスボードでサンゴ観察です。
a0268377_19555632.jpg
見た目は快晴ですが、一週間前にきた台風の影響でどうなているでしょうか。
a0268377_19555648.jpg
海の中は、砂をかぶったサンゴが多く、あまり綺麗ではないですね。
a0268377_19555663.jpg
まあ仕方のないことです。
a0268377_19555634.jpg
それにしても気持ちがいい!船の上で潮風をあびる!たまらないですね~。
a0268377_19555700.jpg
このグラスボードは瀬戸内町と加計呂麻島の間の海を遊覧します。そしてこのあと、名瀬に向かう途中、なんと大和村のフォレストポリスへ寄ることに!山道を走りフォレストポリスにあるマテリアの滝へ。
a0268377_20154398.jpg
木道があるので、そのこを通ってむかいます。しかし木道を歩いてびっくりしたのですが、無数のザトウムシ群れています。歩くと蜘蛛の子を散らすようにいなくなりますが、その数がすごいので気色悪いです。結局マテリアの滝が近づくまでザトウムシを散らしながら歩いていきました。滝に近づくと、リュウキュウハグロが出てきました。未見種です。
a0268377_20154304.jpg
いやーーっ!うれしいですね。木道に数頭が群れています。同僚も一緒に撮影していました。そしてようやく滝に到着!
a0268377_20154377.jpg
滝に到着し、水辺を眺めていると、いきなり大きなヤンマの交尾態が飛び出した。うおっ!いきなりだったのでびっくりしてしまった。今のは何ヤンマだろう???残念ながら空高く飛んでいったので正体はわからず。この島も大変魅力ある島ですね、次回これたらゆっくり観察してみたいものです。マテリアの滝を見たあとは名瀬に向かい本日の現地調査?は終了!そして夜の現調にでかけました(笑)

[PR]
# by tombozukan | 2006-07-15 19:54 | 奄美大島 | Comments(0)

曇天のち雨

グンバイトンボを狙いに沼に行くが、今にも降ってきそうな天気である。早速沼につき湿原ぽいところを散策。コサナエ・ヨツボシがまだ健在。ハラビロ・ハッチョウトンボが群れていた。
a0268377_18164714.jpg
雌はあいかわらずアブと間違えてしまう。
a0268377_18164756.jpg
モートンも多数いるが肝心のグンバイは見当たらず。
a0268377_18164722.jpg
そうしていると雨が降ってきて一時撤収。そして別の場所に移動するがミヤマカワトンボが雨にも負けずにとんでいた。湖の手前の湿地にはカワトンボが数等むれていたが無職透明型しかいなかった。
a0268377_18164730.jpg
最近オオカワとカワトンボの二種になったみたいですが区別方法が全くわからないでる。

[PR]
# by tombozukan | 2006-07-02 18:17 | トンボ | Comments(0)

まだまだ・・・

昨日FZ30の写真の悪さに今日は近所でカメラテストを行う。普通こんなことはシーズン前にやるのでしょうが、なにせ出張と超サービス残業におわれ今頃行う。そしてわかったことはオートモードではピントが全然あっていないのに合ったと音が鳴ること。これにだまされ安心してパソコンに取り込んでショックを受ける。そこで絞りや露出をちゃんと勉強してマニュアルで撮ればきちんと撮れるではないか・・・

a0268377_18091529.jpg
要はオートは車や家族写真を撮るには問題ないが、小さな被写体などを撮るときはオートはだめといのがわかった。今まで使っていたSONYがあまりにもオートできれいに撮れるのでFZ30の難しさにあらためて痛感。FZでこんな状態だとまだまだ一眼にはほどとおい小生であった。
a0268377_18091427.jpg


[PR]
# by tombozukan | 2006-06-25 18:08 | トンボ | Comments(0)

トンボ観察など気ままなお出かけブログです!


by t-dragon
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30